食の研究所

もはや“やって当然”となった宅配ビジネス ―「お店に来て」から「お家に届けます」の時代へ

白田 茜(フリーランス記者)  2015年08月24日

家にいながら欲しい食材が希望の時間に届く――。

近年、生協やネットスーパー、食材の宅配サービスなど宅配市場が拡大を続けている。背景には、インターネット通販の急成長による、ネットでの買い物の日常化や、単身世帯や共働き世帯の増加などがありそうだ。

成長期に突入しているネットスーパーでは、物流コストをいかに削るかが課題になっているようだ。宅配市場の現状と可能性をみていきたい。

成長著しいネットスーパー

「ネットスーパー」は、既存のスーパーマーケットがインターネットで注文を受け付け、既存店舗から家まで注文商品を配達するサービスだ。当日配送が可能なところもあり、「重い物を運ばなくていい」という利便性が消費者に受け入れられつつある。

大手チェーンで最初にネットスーパーを開始したのは西友で2000年のこと。2001年にはイトーヨーカドー、イズミヤと続いた。2008年にダイエーやイオンなど大手総合スーパーがネットスーパーに参入すると、ライフコーポレーションなど食品スーパーへと広がっていった。

地域のスーパーもネットスーパー事業に次々と参入している。2009年に、いちい(福島県)、2010年にフジ(愛媛県)、タイヨー(鹿児島県)、2011年にはカスミ(茨城県つくば市)がサービスを開始。2014年にはヨークベニマル(福島県郡山市)が2年内にネットスーパーに参入することを表明している。

分類チェーン名開始年取扱品目数配送料会員数その他
貴社サイト 西友 2000年 最大24000 300円
(5000円以上で無料)
50万人  
イトーヨーカドー 2001年 30000 324円 約180万人  
イズミヤ 2001年 6000 200円+税(3000未満)
100円+税(3000以上)
その他、月会費コースもあり
1万人 第2、3類の医薬品350アイテム
マルエツ 2005年 約2000
~3000
200円+税
(1800円以上無料)
不明 楽天サイトでオープンしたが、自社サイトを設立
オークワ 2006年 10000 300円+税
(1万円以上無料)
不明  
ユニー 2007年 12000 300円+税
(3000円以上無料)
不明  
イオン 2008年 12000 300円+税
(5000円以上無料)
950万人  
ダイエー 2008年 15000 300円+税 10万9千人  
いちい
(福島県)
2009年 5000 360円
(3000円以上無料)
1万人  
フジ
(愛媛県)
2010年 7000 210円
(1500円以上で105円、
5000円以上で無料)
3000人 2015年より医薬品約1300点取扱う。
タイヨー
(鹿児島県)
2010年 5000 300円+税
(5000円以上無料)
13000人  
ライフ 2011年 不明 300円+税
(4630円以上無料)
その他、使い放題チケットあり
不明  
カスミ
(茨城県)
2011年 不明 100円+税
(2000円以上無料)
不明  
楽天サイト 紀伊國屋 2002年 3000 840円
(送料540円+お買物代行料324円)
不明  
東急ストア 2009年 4200 300円+税(5000円以上)
500円+税(5000円未満)
不明  
関西スーパー 2009年 3000 300円+税 不明  

主なネットスーパーの参入状況。各数字は概数(各社ホームページ等の情報をもとに筆者作成)

配送時間が短いことや、時間指定できることなど利便性が高いのがネットスーパーの特徴だ。イトーヨーカドーは、注文当日または、翌日の昼から21時までの間で時間帯指定できるサービスを展開。イオンも、ヤマト運輸と連携して16時までに注文すれば当日に宅配するサービスを展開している。消費者のなるべく早く欲しいというニーズを満たすべく、注文から自宅に届けるまでのスピードは加速している。

近年では、スーパーマーケットだけでなく、IT大手もネットスーパーに参入している。Yahoo!は「Yahoo!ショッピング」を展開し、食品では水、ビール、ジュースなどの飲料、洋菓子や和菓子、魚貝類、肉、加工品、野菜、フルーツ、米、パン類、麺類、惣菜などと多岐にわたり取り扱っている。

20127月には、楽天のグループ会社「楽天マート」がネットスーパーのサービス提供を開始した。楽天はすでに、紀ノ国屋や関西スーパーのネットスーパーが楽天のモールに出店する「楽天ネットスーパー」を立ち上げているが、今回は楽天自ら商品を仕入れ、販売する直営スタイルだ。

ネットスーパーに儲けはあるのか?

「実はそんなに儲からない」といわれているネットスーパー。スーパーマーケット各社は、なぜネットスーパー事業に乗り出しているのか。

実際、ネットスーパーは宅配や収集・仕分けや車両、システムなどのコストがかかる。たとえ利益が薄くても「うちだけやめるわけにはいかない」というのが本音かもしれない。競合店が次々とネットスーパーに参入する中、普段は自店で買い物をする顧客が、商圏外のネットスーパーに流れてしまう可能性がある。

執筆者プロフィール

白田 茜(フリーランス記者) 

白田 茜(しろた あかね) 1978年佐賀県生まれ。 佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。
食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。

<記事提供:食の研究所
JBpress、現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス