食の研究所

「ナントカ水」は健康な人に効果なし?―謎多き「機能水」の正体(後篇)

漆原 次郎(フリーランス記者)  2015年11月25日

――他に、平岡さんが着目している水はありますか?

平岡 1つは「白金ナノコロイド水」です。前篇でも述べましたが、水を高電圧で電気分解するとき、電極の金属の白金の微粒子(ナノコロイド)が剥がれ落ちて、これに原子状の水素(活性水素)が吸着して活性酸素を消去する能力を示すと、九州大学の白畑実隆教授が主張しました。

一方、東京大学の宮本有正教授は、中性の普通の水に配合された白金ナノコロイド自体が活性酸素を消去する、として白金ナノコロイド配合水を調製しました。

私の行った試験でも、市販の白金ナノコロイド配合水は試験管内で強力な抗酸化作用を示しました。被験者に白金ナノコロイド水を飲んでもらったところ、統計的な有意差があるとは言えませんでしたが、飲用後に酸化ストレスの指標になる物質の血中濃度が平均値として下がるなどしました。

ただし、私たちの試験では、同時に肝機能障害の指標となる酵素の活性も、正常値内ではありますが、有意に上がることを確認しました。なので、肝機能がよくない人が常用するとなるとどうかな、という気はします。

――作用が強い分だけ“薬”にも“毒”にもなりやすいということですね。他にはいかがですか?

平岡 もう1つ、「ゲルマニウム水」というものがあります。ゲルマニウムという物質が溶け込んだ水です。「有機ゲルマニウム」とも呼ばれる「ゲルマニウム132」という成分を含む水について試験したところ、試験管内で抗酸化作用が示されました。ただし、ラットを使った実験で、大量に飲ませると肝機能障害を増長するとする研究報告もあるので心配がなくもありません。

――水道水などの普通の水を普段から多めに飲むことには何か効果があるでしょうか?

平岡 その効果はありえます。私たちの試験では、抗酸化作用があるとされる水を飲んだグル-プと、同じ容器に入った水道水を飲んだ対照グループいずれも、血中の酸化ストレス指標物質の濃度が、飲む前に比べて若干ですが低い値を示しました。

プラセボ効果は否定しないが・・・

――抗酸化作用の有無などを中心にいろいろ聞いてきましたが、「機能水」から健康効果を得ようとすることに意味はあるのでしょうか?

平岡 もし効果があれば、それは飲用した水に溶けている溶質や配合されたコロイド粒子による作用によるものです。「物性が変化した水」というニュアンスがある「機能水」という語は不適切ですが、当該有効成分の効果を全否定することはできません。

しかし、例えば抗酸化作用を得るのであれば、緑茶、コーヒー、ジュースなどの、ビタミンCやポリフェノールを多く含んだ飲みものからの摂取するほうがはるかに効果的です。

執筆者プロフィール

漆原 次郎(フリーランス記者) 

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議会員。
著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。

<記事提供:食の研究所
JBpress、現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ


メルマガ登録はこちら