食の研究所

ケーキに写真!フードプリンターが描く食品デザイン~個人が食べ物に“印刷”する時代も

佐藤 成美(サイエンスライター)  2016年09月20日

しかし、パソコンの普及に伴いプリンターが広く使われるようになったのと同様に、食品の印刷にも家庭でもおなじみのインクジェットプリンターが利用されるようになっている。インクジェットプリンターとは、液体のインクをノズルから噴出させて印刷する装置。ノズルの穴を微細にすることで鮮明に印字することができ、多色化も容易だ。食品用のフードプリンターでは、食用色素をインクとして用いる。

従来の製版を使った印刷と違って、パソコンで自由にデザインでき、小ロットでも手軽に印刷できるのが特徴だ。また、インクジェット式では、表面に凹凸があっても印刷できるので、印刷できる食品の種類が広がった。印刷機が食品に直接触れることもないので衛生的でもある。

可食性のインクやフィルムを使用

鮮やかな色のイラストや写真がプリントされた菓子も、インクジェットプリンターで印刷されたと聞けば納得する人も多いことだろう。

操作は通常のプリンターと同様でやさしい。パソコンでさまざまな文字やイラスト、写真をレイアウトすれば、あとは食品に印刷するだけだ。

その方法には、食品に直接食用色素を吹きかけて印刷する「ダイレクト印刷」の他、デンプンやセルロースを主原料にした可食性シートやフィルムに印刷し、食品に貼り付けるものがある。4色や7色のインクを搭載したモデルなどがあり、鮮明な印刷を可能にするために、各メーカーは装置のみならずインクの改良も重ねている。

20160915_kenkyusho_001

チョコレートに写真の図柄がプリントされた
ケーキ(写真提供:マスターマインド)

生クリームの上に写真などの図柄がプリントされたケーキがあった。これが食べられるのかと驚かされる。デンプンでできた可食性フィルムに印刷した写真を、ケーキに貼り付けるのだという。

また、チョコレートに直接印刷できるプリンターを使えば、下の写真のように、図柄を板チョコレートに印刷し、ケーキにデコレーションすることもできる。アイデア次第で、食品をあっと驚くデザインに生まれ変わらせることができるのだ。

執筆者プロフィール

佐藤 成美(サイエンスライター) 

佐藤 成美(さとうなるみ) サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。

<記事提供:食の研究所
JBpress、 現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ 方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら