食の安心・安全企業に学ぶ

ダイナックの食物アレルギー対応。トラブルを防ぐ2つのポイント

2018年04月24日

【Q】アレルギー対応強化店舗があるとうかがいました

弊社では、特にアレルギーのお問い合わせの多い店舗をアレルギー対応の強化店舗としています。こちらの店舗では、『BtoBプラットフォーム 規格書』などから取得したアレルギー情報をメニューや料理ごとのアレルギー一覧表にして、ご要望する方にはお見せしています。これは、お客様ご自身で判断していただくための情報提供です。

ダイナック3枚複写のアレルギー対応伝票

3枚複写のアレルギー対応伝票

例えば、お客様が小麦アレルギーをお持ちで、野菜サラダに小麦のアレルゲンが入っていたとします。原材料一覧表で小麦のアレルゲンがドレッシングに含まれているとわかれば、ドレッシングを変更すればお召しあがりいただけると判断できます。大豆アレルギーであっても醤油に含まれているものなら大丈夫という方もいらっしゃいます。その場合も原材料表で醤油由来かをご確認いただけます。 

また、アレルギーに対応したオーダーの通し伝票に、お客様のアレルギーや注意すべき点などを記入しています。これには、転記ミスを起こさないため3枚複写式のものを使用して、ホール、デシャップ、キッチンが同じ情報を共有します。

寄り添う気持ちで外食の価値を提供

【Q】従業員の意識を高めるには、どのようなことが有効でしょうか?

やはりちょっとした対応でお客様が喜び、笑顔になっていただける実体験を重ねていくのが一番でしょう。弊社では、お客様の声を聞くVOC(ボイス・オブ・カスタマー)活動をアレルギー対応の基盤として、企業側の視点ではなく、お客様側の意見を聞いたうえで対応しています。アレルギー対応には(1)従業員教育や(2)情報管理が必要ですが、何より大切なのは寄り添う気持ちです。外食企業とお客様のお互いに寄り添う気持ちがあれば、充分な対応ができるでしょう。

【Q】これから解決すべき課題などはありますか?

dynac_02

今後は情報共有に努めていきたいです。お客様には我々が提供する料理や環境を知っていただき、我々はお客様の普段の環境を知っていく。コミュニケーションをしっかりとることで、アレルギー事故のリスクはかなり減るでしょう。

外食業界全体がアレルギーを持つお子様やお客様の夢や憧れを実現できる世の中になるよう、関係団体や学校関係・旅行代理店、業界団体などとも連携していきたいと思います。


BtoBプラットフォーム規格書 資料請求

株式会社ダイナック

設立:1958年3月  代表者:代表取締役社長 若杉 和正  本社所在地:東京都新宿区新宿1-8-1
事業内容:多業態飲食店の経営、リゾートレストラン等の運営受託
公式HP:https://www.dynac.co.jp/

食の安心・安全企業に学ぶ バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら