茨城県産ほうれんそうから基準値超える残留農薬

掲載日: 2018年12月21日

【発表日】
2018-12-21

【事業者】
ほこた農業協同組合

【製品】
ほうれんそう

【内容】
茨城県産の「ほうれんそう」から基準値を超える残留農薬が検出されたため、茨城県鉾田保健所長は出荷者のほこた農業協同組合に対し、当該ほうれんそうの回収を命じた。愛知県が2018/12/11に名古屋市中央卸売市場内で茨城県産のほうれんそうを収去し検査したところ、殺虫剤「フェニトロチオン」が基準値0.2ppmのところ4.40ppm検出された。通常の食生活で当該ほうれんそうを食べても、直ちに健康に影響を及ぼすことはない。ほこた農業協同組合では、収去品と同一ロット及びそれ以外で疑いのあるほうれんそうの出荷先17社に対

【対象】
品名:ほうれんそう
出荷者:ほこた農業協同組合

【回収命令】
出荷年月日:2018/12/10
出荷先:調査中※
対象数:8箱(1箱あたり 200 g×25袋入り)
※商品取扱時、他の生産者分と併せて取り扱うことから流通先は調査中


【自主回収】
出荷先:17社
対象数:34箱(約170kg)

【対処方法】
回収

【関連URL】
https://www.shoku.pref.ibaraki.jp/cgi/news/data/doc/1545471816_1.pdf
https://www.shoku.pref.ibaraki.jp/cgi/news/data/doc/1545388007_1.pdf

最新の食品事故情報ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
売上金をセブン銀行ATMで一括管理!! 売上金入金サービス
クレディセゾンの支払代行サービス