『削りぶし』の表示に関する公正競争規約及び同施行規則が改正されました。(2017.9.29)

掲載日: 2017年11月22日

「削りぶしの表示に関する公正競争規約の一部変更を認定した件」(公正取引委員会・消費者庁告示第6号)が平成29年9月29日に告示され、併せて同施行規則の一部変更が公表されました。

<主な改正内容>
1 食品表示基準との整合性を図るための改正(「添加物」「原料原産地名」の事項の追加、圧搾煮干し配合率の表示条件の変更、名称の用語に関する規定の追加等)
2 特定用語の表示事項のうち、「低温熟成」「血合抜き」「遠赤外線焙焼」「〇〇近海」の用語の追加
3 規約の規定中「第11条第1項」を「第31条第1項」に変更
 ※公正競争規約の根拠法である景表法の第11条が、改正に伴い第31条に変更されたことによる
4 「消費者庁長官及び公正取引委員会」を「公正取引委員会及び消費者庁長官」に変更(第11条「施行規則」)

〔施行日〕
 平成29年9月29日

〔猶予期間〕
 平成32年3月31日までに製造され、加工され、又は輸入される削りぶしについては、なお従前の例によることができる。

〔改正法令等〕
◎削りぶしの表示に関する公正競争規約(昭和44年10月23日公正取引委員会告示第53号)
○削りぶしの表示に関する公正競争規約施行規則(昭和53年6月30日公正取引委員会承認)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

フーズチャネル4周年記念

経営者インタビュー番外編 『思い出の一皿』