食品添加物公定書の改正に伴い「食品、添加物等の規格基準」が改正されました。(2017.11.30)

掲載日: 2018年01月17日

「食品、添加物等の規格基準」(昭和34年厚生省告示第370号)が平成29年11月30日に改正され、「第2 添加物の部」が全面的に改正されました。

<改正の要旨>
食品衛生法(以下「法」という。)第21条の規定に基づき、「食品添加物公定書」は、食品添加物の規格及び基準を収載することとされており、平成19年に第8版が公表されています。
第9版の作成に伴い、第8版以降に設定された食品添加物の規格及び基準を収載するとともに、一般試験法や成分規格の見直し、既存添加物の規格の設定、記載方法の改良について検討されました。
※第9版は後日公表の予定

<主な改正内容>
【A 通則】
用語の統一(「ml」を「mL」に)

【B 一般試験法】
1 イオンクロマトグラフィーについて、標準液の調製に用いる水として、イオンクロマトグラフィー用精製水を使用することを規定
2 鉛試験法について、検液及び比較液の調製方法を追加
3 微生物限度試験法について、真菌数試験、大腸菌群試験及びサルモネラ試験の追加
4 ヒ素試験法について、「C 試薬・試液等」中に規定されていた有害試薬である臭化第二水銀紙を削除したことに伴い、当該試薬を用いる試験法を削除

【C 試薬・試液等】
1 成分規格の追加等に伴う試薬・試液等の追加及び削除
2 試薬名について、原則JIS に基づく名称への変更を行うとともに、CAS番号を追記

【D 成分規格・保存基準各条】
1 既存添加物89品目(酵素:62品目、酵素以外:27品目)について成分規格を新たに設定
2 成分規格中の純度試験の改正
 ① 重金属試験の規格を鉛試験の規格に
 ② ヒ素の規格値を三酸化二ヒ素として換算していたところ、ヒ素として換算することを規定

【E 製造基準】
1 添加物一般について、微生物を用いて酵素を製造する場合の微生物の菌株に関する規定を新たに設定
2 タルクについて、原料としてアスベストを含まないものを原料とする規定を新たに設定

【F 使用基準】
記載の統一

〔適用期日〕
公布の日〔平成29年11月30日〕から適用。
ただし、平成30年11月29日まで(※)に製造、加工又は輸入される添加物については、なお従前の例によることができる。
※粗製海水塩化マグネシウムは厚生労働大臣が定める日まで

〔新規収載〕
〇食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(平成29年11月30日生食発1130第1号)
〔改正法令〕
◎食品、添加物等の規格基準(昭和34年12月28日厚生省告示第370号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
食品こだわり展示会2018