麻痺性貝毒に係る監視指導の強化について通知されました。(2018.05.11)

掲載日: 2018年06月22日

本年は、例年麻痺性貝毒による毒化が確認されていなかった海域においても毒化が確認され、各都道府県水産部局による関係団体等に対する出荷自主規制要請が行われています。
また、食中毒についても複数事例発生しています。
これを受け、厚生労働省は、出荷規制の徹底を図るとともに、麻痺性貝毒による毒化が確認されていない海域についても、検査を実施し、規制値を超える麻痺性貝毒が検出される貝類が出荷されることのないよう、自治体に通知しました。

〔新規収載〕
〇麻痺性貝毒に係る監視指導の強化について(平成30年5月11日薬生食監発0511第1号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス