食品衛生法施行規則等を改正する厚生労働省令が公布されました。(2019.11.7)

掲載日: 2019年12月25日

令和元年11月7日に、「食品衛生法等の一部を改正する法律の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備に関する省令」(厚生労働省令第68号)が公布され、食品衛生法施行規則(昭和23年7月13日厚生省令第23号)等が改正されました。

<主な改正内容>
1 食品又は添加物の輸入に関する事項
2 総合衛生管理製造過程承認制度の廃止
3 営業者が遵守すべき衛生管理に関する事項
 イ 一般的な衛生管理に関する事項
 ロ 食品衛生上の危害の発生を防止するために特に重要な工程を管理するための取組(HACCPに基づく衛生管理)
4 器具及び容器包装の製造における衛生管理の基準
5 営業者間のポジティブリスト適合性情報の伝達

<施行期日>
令和2年6月1日
※HACCPに関する規程については、改正法附則において1年間の経過措置が設けられています。

〔新規収載〕
〇食品衛生法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政省令の制定について(令和元年11月7日生食発1107第1号)
〔改正法令〕
◎食品衛生法施行規則(昭和23年7月13日厚生省令第23号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

メルマガ登録はこちら