食品衛生法等の一部を改正する法律(平成30年法律第46号)が改正されました(未施行)。(2019.11.27)

掲載日: 2020年01月23日

令和元年11月27日に、「農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律」(法律第57号)が公布され、「食品衛生法等の一部を改正する法律」(平成30年法律第46号)の令和2年6月1日施行部分の一部が改正されました。

<主な改正内容>
輸出食品安全証明書(輸出する食品の安全性に関する証明書をいう。)について、食品衛生法に基づき厚生労働大臣が発行することができると規定されていましたが、輸出証明書(農林水産物又は食品が輸出先国の輸入条件に適合していることを示す証明書をいう。)について、農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律に基づき主務大臣(財務大臣、厚生労働大臣又は農林水産大臣)が発行することができると規定されたことに伴い、食品衛生法の規定が削除されました。

<施行期日>
令和2年4月1日

〔改正法令〕
◎食品衛生法(昭和22年12月24日法律第233号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

メルマガ登録はこちら