セミナー

“味”の見える化~科学者のチャレンジ~

20180810_nissyoku_340

【開催日時】
2018年8月10日(金)
13:30~17:00

【会場】
アキバプラザ(秋葉原)
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル7階

【開催内容・みどころ】
“味”の見える化~科学者のチャレンジ~

座長:お茶の水女子大学 名誉教授 久保田紀久枝氏

講師Ⅰ:農研機構 食品研究部門 上級研究員 早川文代氏
「官能評価による味・香り・食感のプロファイリング法」

講師Ⅱ:東京農業大学 食品健康安全学科 准教授 岩槻健氏
「味蕾オルガノイド培養系の構築」

五感を総動員して認識する食べ物の“味”や嗜好性は、ヒトによって感じ方が異なり、定量は難しいとされてきた。しかし、近年、味や香りセンサーの開発、食感に関与する食品構造学的研究、官能評価法の進化など様々な研究、技術革新が進展し、ヒトが主観的に感じる食品の“味”の違いを客観的に比較検討することが可能となり、有効な基礎データとして新しい食品の開発や品質管理等の生産現場で利用されている。

本研究会では、精度の高い官能評価技術の開発や味細胞培養系の構築など、主観的評価と客観的評価の溝を埋める技術革新に挑むお二人の研究者に、現時点で、どこまで食品の”味“の特性を的確に、かつ客観的に評価できるのか、先端の研究成果を紹介していただきます。

⇒ 詳しくはこちら

【来場について】
■対象 : 食品業界 関係者
■参加費 : 16,200円(税込) ※日本食糧新聞社主催「食品ニューテクノロジー研究会」会員企業は無料です
■申込期間 : 2018年8月10日(金)まで
■お申込み : 公式サイトよりお申込みください。

【主催】
日本食糧新聞社 食品ニューテクノロジー研究会

【公式サイト】
http://info.nissyoku.co.jp/modules/general/view.php?id=153

【地図】

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド
業界チャネル