セミナー

食の安全・安心を支えるフロント/テクノロジー

20191119_nissyoku

【開催日時】
2019年11月19日(火)
13:30~16:30

【会場】
アキバプラザ(秋葉原)
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル

【開催内容・みどころ】
食の安全・安心を支えるフロント/テクノロジー

◇2019年11月19日 13:30~ アキバプラザ

座長 :機能水研究振興財団 理事長 堀田国元氏
講師1:食の安全と安心を科学する会 理事長 山崎 毅氏
   2:ATP・迅速検査研究会 理事 本間 茂氏

食の安全・安心のためには、食に関する正しい知識・情報の取得や安全性をチェックする技術の進歩が不可欠である。昨今、食に関するフェークニュースが後を絶たずに流れており、そのことが食の安全・安心にネガティブに作用している。そうしたフェークニュースに敢然と立ち向かって行動されている山崎毅氏に「ファクトチェックの重要性」について講演をお願いした。一方、「汚れの見える化」は食品の調理加工現場における衛生管理に不可欠である。そこで、厚労省が認めたATPふき取り検査法を開発した本間茂氏に、同検査法の最新知識とHACCP時代を迎えた衛生管理現場にもたらしているインパクトについてお話をお願いした。

⇒詳しくはコチラ

【来場について】
■対象 : 食品業界 関係者
■参加費 : 16,500円(税込) ※日本食糧新聞社主催「食品ニューテクノロジー研究会」の会員企業は無料になります。
■申込期間 : 開催日当日まで
■お申込み : 公式サイトよりお申込みください。

【主催】
日本食糧新聞社 食品ニューテクノロジー研究会

【公式サイト】
http://info.nissyoku.co.jp/modules/general/view.php?id=153

【地図】

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

メルマガ登録はこちら
通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について