経営者インタビュー

”外食アワード2014”受賞。独自のブランド展開で国内外を攻め続ける ~ワンダーテーブル 秋元巳智雄社長

2015年04月30日

 「自分を大事にする」とはどういうことかというと、体だけ大事にするのではなく、高い目標を持って自分を磨く、常に前向きに成長意欲を持って生きていくことですね。自分を大事にする人間が、隣にいる一緒に働く仲間と仲良くできるからこそ、お客様を喜ばせることができると。だからまずは『自分』なんです。そうやってできた店は、売り上げも上がるし、利益も出て、ひいては社会にも貢献することができると考えています。

【Q】今後のワンダーテーブルが目指す所はなんでしょうか。

国内も海外も我々が掲げているビジョンは同じです。それは、「卓越したブランドとホスピタリティで世界のお客様を魅了できる外食産業になろう」というものです。

まず、国内の事業の拡大についてはあくまで“身の丈”でいいと思っています。売上高や店舗数を目指すのではなく、ワンダーテーブルらしく、より質の高いサービスを提供することを大事にしたいと考えています。そして、2020年の東京オリンピックに向けて日本へやってくる世界中の方々を魅了していきたいと思っています。

一方、海外では自社ブランドでお客様を魅了したいと思っています。いま現在、台湾、タイ、上海、ベトナムの4カ国で40店舗ほど展開していますが、2020年には100店舗を超えたいと考えています。

20140430_keieisha_wonder_1

海外での拡大戦略の背景としては、世界に約6万近い和食レストランがありますが、その多くが日本人から見ると“間違った和食”であることです。我々が自社ブランドを速やかに展開して”正しい和食”を世界に広げていきたいですね。

今後はインバウンド・アウトバウンドの両面でお客様を魅了し、1日も早く我々のビジョンを達成したいと考えています。


BtoBプラットフォーム 受発注

株式会社ワンダーテーブル

会社所在地:〒163−1422 東京都新宿区西新宿3−20−2 東京オペラシティタワー22階
事業内容:飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集・加盟店の指導
店舗数:61店舗 ※2015年4月現在

公式サイト:http://www.wondertable.com/

経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら