愛されるお店の作り方

毎日入れ替わる、約70種類のイタリア郷土料理で胃袋を掴む~オステリア イル フオッコ

2016年10月19日

「メニューに合わせて仕入れをしていないため、野菜の生産状況や、魚の水揚げによっては、人気料理が、その日のメニューから消えてしまうこともあります」

仕入れ状況によって日々更新されるメニュー作りや、仕込みに苦労はないのだろうか。

「各メニューで仕込む量は、1日3~4人前と少なく、売り切れたらおしまいです。メニューが端からどんどん売り切れていくのは嬉しいものですよ。元々、色々なイタリア料理を研究して作るのが好きですから、むしろ仕込みは楽しいです。それに調理法も食材を見ながら思い浮かぶので、あまり苦労はしていません。たまに味付けのアレンジを変えたい時に、こっそりイタリアで買った料理本を見ることもありますけどね(笑)」

親しみやすさが生み出すリピート率

同じ料理でも、味付けを微妙に調整する

オステリア イル フオッコの人気の秘訣は、料理の味だけではない。お客さんとのコミュニケーションも重要なポイントだ。

「人によって好きな塩加減や、焼き加減の好みが異なります。キッチンから料理が出るたび、私はお客様の反応を『どうだった?』と、ホールのスタッフにしつこいぐらいに聞きます。それによって、お客様ごとに次に出す料理の塩加減、焼き加減を微妙に変えていくのです」

ワインのチョイスにしてもワインリストはなく、ソムリエとお客さんとのコミュニケーションで最良のモノを提供しているという。それでいて、ボトルで3,500円から用意しているので、リーズナブルに楽しみたい人も気軽にオーダーできる。

最後にあえて田中さんに、お店が愛されている理由について聞いてみると、しばらく考えた後で、少し謙遜しながらこう話してくれた。

「自分の店のことを言うのも恥ずかしいですが、シンプルに料理が美味しいからなんじゃないかと思います。それと気取らずに来ていただける、親しみやすい雰囲気があるんじゃないでしょうか」

日本ではイタリアンに対して、ピザやパスタといった、ある種の固定概念が作られてしまっている。しかし、イタリアの食文化の懐は、もっと深くて広い。オステリア イル フオッコには、そんな固定概念をやさしく壊してくれる、美味しさが待っている。


BtoBプラットフォーム 受発注

OSTERIA IL FUOCO(オステリアイルフオッコ)

住所:〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1-16-14 梅沢ビル1F
電話:045-594-6380
お話:シェフ 田中威平様
公式HP:https://www.facebook.com/OsteriaIlFuoco/

愛されるお店の作り方 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら