経営者インタビュー

海老バルブームを牽引した大阪の名物社長、ブームを振り返る~株式会社orb・佐野知成社長

2016年12月21日

20161221_orb_tenman002

今は国内の流通が発達していますので、珍しい海老でも日本の海老なら電話一本ですぐに仕入れ可能です。しかしそれではおもしろくない。しかも、売れ始めたらすぐに真似されてしまいます。ですから私の今の狙いは海外です。実は2月にスペインへ仕入れに行こうかなと思っています。向こうにしかない珍しい海老がいて「高くて売り切れない」と、まだどこの貿易会社も扱っていません。そういうレアものを、現地で買い付けて店で出したいなと。

【Q】海老バルブームの現状については、いかがでしょうか。

20161221_orb_fukushima005

『活海老バル orb』は1号店オープンの半年後に2号店をオープンさせ、その後ポンポンッと6店舗まで作った頃に、他の海老バルの店が増えてきました。でも正直に言うと「もう大阪にそんなにたくさんの海老バルはいらんやろ」と思っています。一発屋芸人みたいなもので、これだけ特化した店がブームになると、どうしても飽きられてしまう…。認めたくはないですが、海老バル自体がコンテンツとして劣化してきていると感じています。

【Q】次の展開について聞かせてください。

まだ詳しくは言えないですが、海老とは関係ない、新しいプランが2つあります。海老バルが当たりすぎたので、次の業態に挑戦するならそれを超える繁盛店にしないと意味がない。そうじゃないと働く店長やスタッフもおもしろくないでしょう。これまでは立地にとらわれすぎていたので、次は“どこであっても集客できて、予約でいっぱいになる店”。もうひとつは“立地にとらわれつつ、もっと伸びる店”を考えています。来年の春ぐらいまでには、始動させたいですね。


BtoBプラットフォーム 受発注

株式会社orb

住所:大阪市福島区福島7-2-6
電話:06-6455-2544
事業内容:大阪市を中心とした飲食店展開・運営、ネット通販・イベント出店等の外販事業、飲食店に付随する事業開発(輸入・卸、食育活動、被災地支援等)、店舗プロデュース
公式HP:http://www.orb-corp.com/

経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら