経営者インタビュー

姫路駅前で「まるまさ」ブランドを浸透させた気鋭の経営者。新業態で次の展開へ~エイトリンク・松尾守晃社長

2017年06月07日

ですので、今後は立地に左右されにくい、軽い業態での成長を考えています。今年オープンした新業態『姫路タンメン』がそうです。お酒を扱わないと利益率は下がりますが、代わりに深夜に人件費をかけることなく、社員が1人いれば運営できるお店になります。

20170607_ate-link_005

新業態の『姫路タンメン』

ちなみに、姫路には野菜を使ったちゃんぽん文化はあっても、タンメン文化はまだ浸透していないんですよ。タンメンならヘルシーですし、塩と野菜が主軸なので、大量に仕入れればコストも下がり、収益率を上げることができます。

もちろん「大衆酒場」でもいい駅があれば進出していくので、今後はタンメンと2本柱で展開していく予定です。

【Q】具体的な目標はありますか?

今期中には、タンメンの店を3店舗オープンして、大衆酒場でも新しいエリアに進出していく予定です。信頼できる社員が育ってくれれば、大阪方面、そして東京方面へと広げていきます。そして、2025年までに100店舗へと。

【Q】成長に向けた松尾社長の原動力はなんですか?

20170607_ate-link_006

無理にお店を増やそうとは考えていませんが、「従業員の給料を上げてあげたい」という想いが根っこにあります。飲食店はブラックだと言われますけど、僕が上場企業にいたこともあって、ウチはけっこうホワイトですよ(笑)。

まぁ、自分ひとりなら好き勝手やればいいかもしれないですけど、正社員として人を雇うということは、永遠にその人の面倒をみるということです。会社が成長しないと、スタッフの給料もあげられないですからね。だからこれからも自分の趣味趣向で面白い新店を企画するよりも、ちゃんと利益が出る店舗を増やしていきたいんです。

それに飲食店の経営者の方って自分を持っている方が多いですが、僕の場合、「こうしないとダメだ!」というこだわりがないんです。良く言えば“柔軟”ですが、悪く言えば“流されやすい”という(笑)。だからこそ、数字のチェックと従業員の幸せに関して力を注ぐという決意があるのかもしれないですね。


株式会社ATE-LINK(エイトリンク)

住所:兵庫県姫路市南町17-1-3F
電話:079-288-9699 事業内容:飲食店経営
公式HP:https://www.ate-link.com/

経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら