経営者インタビュー

元・大手商社マンが「立ち飲み+天ぷら」業態で世界を目指す~一期一会・本間儀彦社長

2018年11月26日

顧客のライフスタイルを考え、失敗の要因をつぶす

【Q】その見極めはどのようにされているのでしょうか。

20181126_ichigoichie5

ポルトガルのワイン
「ヴィーニョ・ヴェルデ」

ファッション業界に長くいたので、もしかすると飲食業とは違う視点かもしれません。マーケティングはターゲット層のライフスタイルを切り口にしています。都会でキャリアを積んでいる女性がどんなモノやコトを好むかという基準で、どこに出店し何をすれば喜ばれるかを考えます。

たとえば、天ぷらにビールや日本酒でなく、ワインの組み合わせを提案し、そのワインにもストーリーを用意します。天ぷらのルーツはポルトガルにあるといわれています。現地で天ぷらに似たフリットという料理にあわせて最も良く飲まれているのが、ヴィーニョ・ヴェルデという、天然の微炭酸が特徴のワインです。実際に揚げ物と非常に相性が良く、スタイリッシュに楽しめます。特にこだわりもなく、安ければいいでは女性のお客様はついてきません。

開業前に飲食業の諸先輩方から「本間さん、飲食って難しいよ」と、それこそ20個ほど失敗の要因をご教示いただき、私はそれを全部つぶして成功の理由にしていきました。場所がとれないなら狭くてもできる業態、人材が集まらないなら職人に依存しない方法と。それができるのは、これまでのたくさんの失敗が教訓として活かされているからかもしれません(笑)。

【Q】今後の展望をおきかせください。

2018年中には、大型商業施設に初のテイクアウト業態を出店します。2019年以降も、すでに複数の駅前や商業施設、エアターミナルといった強みの生かせる立地への展開が決まっています。

そして、いよいよイタリア・ミラノへ立ち飲みと天ぷらを持っていく予定です。まずは直営店として展開し、その後現地のパートナー企業と一緒にフランチャイズ展開を広げていきたいと考えています。長年ぼんやり思い描いていたことが、3年の準備期間を経て一気に形になろうとしている、そんな手ごたえを感じています。


株式会社一期一会

住所:東京都港区西新橋1-9-1 アコール新橋9F 電話:03-6550-9293
事業内容:飲食店の経営
公式HP:http://kikuyajp.com/

経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら