未来の飲食店

「レストランテック元年」到来!?飲食店×テクノロジーが変える、外食業界の未来

2019年03月20日

「レストランテック元年」到来!?飲食店&テクノロジーが変える、外食業界の未来

「自動運転」「キャッシュレス」といったキーワードが、以前よりずいぶん身近になったと感じないだろうか。SF映画で描かれていたような未来の世界が、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの先端テクノロジーによって、現実に引き寄せられつつある。

飲食業界も例外ではない。アメリカでは大手チェーン店を中心にオペレーションの自動化が進み、無人レストランも登場している。また、中国でも2018年11月に、オーダーから調理、配膳まですべて自動化したロボットレストランがオープンした。ITを用いたこれらの取り組みは「レストランテック」と呼ばれ、注目を集めている。

先端テクノロジーは、飲食店に変革をもたらすか

レストランテックとは、飲食店での様々な業務をサポートするITの総称だ。近年、多くのITベンチャー企業が、外食産業の人手不足や生産性低迷などの課題解決に対して、クラウドやロボットなど、あらゆる技術で参入している。飲食店は、すべての人に馴染みがある場所であるため、最新のテクノロジーやサービスをわかりやすく見せる、ショーケースのような役割もある。

■飲食店のレストランテック利用イメージ

レストランテック 飲食店での利用イメージ

先行しているアメリカでは、今、レストランテックへの投資が大きな盛り上がりを見せているという。過去5年のレストランテックへの投資案件数は600件、累計投資額は25億ドル(約2,800億円)にのぼる。

■レストランテックにおける年間投資額の推移と取引件数

レストランテックにおける年間投資額の推移と取引件数

レストランテック領域に関わる投資を活発に行っているCoral Capitalの創業パートナーを務める澤山陽平氏は、レストランテックはあらゆる業務分野に応用されていると語る。

レストランテック澤山陽平氏(株式会社Coral Capital)

澤山陽平氏

「一口にレストランテックといっても幅広く、業務別でみると、大きく3つに分けられます。

まず、“顧客”に関連する部分です。予約管理やモバイル決済といった、顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)の向上につながる技術が該当します。

もうひとつは、“店舗運営”に関わる、オペレーション領域です。発注業務や在庫管理、スタッフの採用やシフト管理といった部分になります。

さらに、“設備”は今、投資先として注目が高まっている領域です。ディープラーニングを始めとするテクノロジーが発展したことで可能なことが増えました。さらに従業員の人件費があがる一方で、ロボットの価格は下がっているため、“スマートキッチン”と呼ばれるロボットによる自動調理などの可能性も広がっています」

ここで、現在の飲食店がすでに利用しているレストランテックの一例を見てみよう。


BtoBプラットフォーム受発注

未来の飲食店 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
業務用限定 新型マシン無料「カフェアンバサダー」
売上金をセブン銀行ATMで一括管理!! 売上金入金サービス