愛されるお店の作り方

らーめん1杯1080円。苦渋の価格改定を断行し、お客・従業員・会社の三方よしを実現させた人気店~AFURI

2019年06月10日

ラーメン1杯1080円。値上げで売上増、残業減、満足度アップの「三方よし」を実現させた、人気店の奇跡~AFURI

国内外の幅広い客層から人気のらーめん店「AFURI」。2003年、恵比寿に1号店をオープンして以来、首都圏中心に国内13店舗、海外3店舗を展開している(2019年6月現在)。リニューアルオープンした成田空港国際線JALファーストクラスラウンジでの提供も2019年4月からはじまり、話題を呼んだ。

もうひとつの話題が、らーめん店経営の常識をくつがえす価格設定だ。2018年6月に行った価格改定で看板メニュー『柚子塩らーめん』は業界異例の1080円に。これにより売上が伸びただけでなく、激務に追われて慢性的な人手不足に苦しむ日々から脱却できたという。一体どういうことなのだろうか。

激戦業態で生き残るブランディングには、斜め上の発想が必要

AFURI ゆず塩らーめん

看板メニュー『柚子塩らーめん』

神奈川・丹沢山系東端に位置する大山(通称:阿夫利山)。その山の恵みである湧き水を使い、麓のセントラルキッチンで、らーめん店「AFURI(阿夫利)」のスープは毎日仕込まれる。淡麗系と称される澄み切ったスープに、国産全粒粉とライ麦を配合した細麺が特徴のらーめんは、男女を問わずファンが多い。国内外からの幅広い支持を得て、恵比寿や原宿、新宿、六本木などで東京を代表する人気店として展開している。

近年は訪日外国人客の来店が非常に多く、原宿など観光客の多いエリアの店舗は時間帯によっては9割近くに及ぶこともあるという。とはいえ、開店当初からインバウンドを見込んでいたわけではない。運営するAFURI株式会社の常務取締役平田展崇氏は「ここまでのインバウンド需要の成長は想定外でした。ただただ、ありがたいです」という。

AFURI 店舗内観

「らーめんやカレーといった日本を代表するカジュアルフードは、メニューの自由度が高く参入障壁も低いです。そのぶん、過当競争が著しい分野で、生き残るために、どの企業も他店との差別化に心をくだいています。

我々もコントラストをはっきりさせるために、立ち位置としてはちょっと斜め上になるような考え方でブランディングしてきました。その方向性がインバウンドにマッチしたものと思われます。

たとえば、国や地域を越えてヴィーガンの裾野が広がり、注目されるようになったのは最近のことです。しかし我々は、海外における著名人のライフスタイルからトレンドの兆しを感じ、かなり以前よりスープから具材まで植物性100%の『彩り野菜のヴィーガンらーめん』を提供しています。

また、看板メニューの『柚子塩らーめん』は、こってりしたとんこつらーめんをヘビーだと感じる外国のお客様にも食べやすいとの声をいただきます。柚子という日本の柑橘類のフレーバーで、ジャパニーズカルチャーを感じられる点も喜ばれています」


BtoBプラットフォーム受発注

愛されるお店の作り方 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
メルマガ登録はこちら