愛されるお店の作り方

飲み放題30分で1日8回転。驚異の回転率を誇るイタリアン居酒屋~ローマ軒(Belett)

2019年08月23日

「ローマ軒は飲み放題の料金を30分ごとに区切っています。長時間いると、他店と同程度の金額になってお得感がなくなりますから、お客様の滞在時間は、30分から1時間がほとんどです。自然にどんどん入れ替わり、席順待ちも少ないですね」

20190822_roma_food3

30分に1度スタッフが声をかけるので、客は帰るタイミングが分かりやすい。席を待つ客には「30分待てば空くだろう」という心理が働き、諦めて帰ってしまうといった機会ロスを防ぐ効果もある。

ローマ軒の回転率は平均すると昼に3~4回転、夜も3~4回転を維持し、1日およそ7~8回転。多い店舗では10回転するという。

20190822_roma_shop02

またその回転率の良さがビールの味の維持に好影響だという。

「ビールは普通のお店の10倍くらいは出ると思います。ビールって入れた瞬間がいちばん美味しくて、注いだ瞬間から劣化していくんです。鮮度もかなり重要なのでビール樽の回転も多く、常に注ぎたてが飲めるうちの生ビールはおいしいという評価をいただけています」

店員を待つことなく、自分で自由にビールを注いで飲みたいというユーザーニーズを満たす。これが他店との差別化やリピート客の創出につながり、ローマ軒を繁盛店にしているといえそうだ。

会社がリスクを取り、FCオーナーに利益を還元しさらに拡大

今後はローマ軒のFCを50~100店舗まで増やし、ブラッシュアップさせたいという鮎川氏。一方で、年間1~2店舗は新業態を企画し、成功例を仕組み化してFCに組み込んでいきたいと語る。

「ローマ軒のように仕組みを作り上ることで、FCオーナーさんのリスクを最大限に削減したいと思っています。オーナーさんに成功していただきたいのです。『うちの近所に出してほしい』というお客様のご希望も多くいただいています。例えば東京でも、品川にあっても中野にはないの?とのお問い合わせもあります。やはり徒歩圏内でローマ軒巡りができるような、きめ細かい出店が向いていると思います。今後も9割くらいはFCでやっていきますよ」

飲食店に対するお客のニーズは様々だ。いまや安いだけでは売れないのも事実だろう。しかしやはり安くて美味しくてサービスも良い。という王道スタイルは繁盛店への近道といえる。今後もローマ軒は常に新しい業態やメニューでチャレンジを続けながら拡大していくに違いない。


BtoBプラットフォーム受発注

ローマ軒(株式会社Belett)

住所:大阪市北区天神橋2丁目2番10号 ワイズビル6階 お話:企画開発部 部長 鮎川博氏
公式HP:http://yakispa-romaken.com/

愛されるお店の作り方 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら
通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について