フーズチャネル ~食ビジネスのポータルサイト~ フーズチャネル ~食ビジネスのポータルサイト~

外食企業2,000社が利用中の受発注システム

外食企業
2,000社利用中

BtoBプラットフォーム 受発注システム

多店舗展開をお考えの
飲食店経営者のみなさま

成功企業は、何店舗の時点で
発注をシステム化しているでしょう?

約50%の企業が、
5店舗になるまでに
発注をシステム化しています。

導入時店舗数のグラフ 導入時店舗数のグラフ

多店舗経営の成功には、
早い段階で仕入れをシステム化
することが不可欠です。

株式会社鳥貴族 大倉 忠司社長

株式会社鳥貴族 大倉 忠司社長

出店と人材の確保は、完全にリンクしています。人材確保のためにも、システム化による効率化と労働環境の改善は大事にしています。

導入事例はこちら
株式会社串カツ田中 貫 啓二社長

株式会社串カツ田中 貫 啓二社長

3店目がオープンする直前に導入を決めました。店舗が増えて業務量が増えたら、負荷を減らす工夫をするのは当たり前のこと。その頃から自然と長期的な視野は身につけていたのかもしれません。

導入事例はこちら

BtoBプラットフォーム 受発注
とは ―

「BtoBプラットフォーム 受発注」は、日々の発注をシステム化するツールです。
取引先と常にデータを共有しているため、支払金額が早期に確定します。

また、発注業務の効率化だけでなく、
「いつ」「誰が」「どの食材を」「どれくらいの数」「どの業者に」「いくらで」発注したか、
すべてデータとして蓄積され、経営判断に活用できます。

「いつ」「誰が」「どの食材を」「どれくらいの数」「どの業者に」「いくらで」発注したか、すべてデータに残る! 「いつ」「誰が」「どの食材を」「どれくらいの数」「どの業者に」「いくらで」発注したか、すべてデータに残る!

仕入れ情報を見える化し、
データを元にした経営を行うことが
成功のカギになります!

製品資料をダウンロード 詳しくは下に続く

メリットその1リアルタイムで正確な原価率が把握できる

  • なんとなくしか原価率を把握できていない…
  • 原価率が上がっていることに気づかない…
  • 原価率が上がっている要因を特定できない…
解決

日々の発注(仕入れ)データを元に、毎日、簡単に原価率を算出できるようになります。食材ごとにデータ管理できるため、原価率が上がってる要因も特定しやすくなります。
※メニュー管理機能の利用で、メニューごとの原価管理も行えます

株式会社Big Belly 大林芳彰社長

株式会社Big Belly 大林芳彰社長

原価率はささいなズレでも、日々蓄積されていけば月単位で大きな負担になります。
月末になって“どこかに問題がある”と気づいても、もう遅いのです。
毎日、リアルタイムで原価率を管理すれば、すぐに対策を打つことができます。(導入事例より抜粋)

導入事例はこちら

メリットその2月次決算が簡単&早くなる

  • 月末に締めた後も仕入金額がなかなか確定しない…
  • 伝票入力に時間がかかる…
  • 売り上げアップの対策を検討できない…
解決

月次の締め処理、棚卸、伝票入力の手間がなくなり、FLコストの算出や損益計算書の作成が簡単&早くなります。POSレジや勤怠管理システム、経理システムとの連携も可能です!

株式会社キープ・ウィルダイニング 専務取締役 長谷部信樹氏

株式会社キープ・ウィルダイニング 専務取締役 長谷部信樹氏

以前は、前月の振り返りや対策を話し合う店長会を、毎月15日前後に開催していました。
前月の仕入れ金額が確定できず、損益計算書などを作るのが遅れていたのです。
発注をシステム化したことで、今では毎月3日か4日頃には店長会を行えるようになり、
売上アップ計画が早く立てられるようになりました。各店舗の店長も喜んでいます。(導入事例より抜粋)

導入事例はこちら

メリットその3数字をもとに仕入れの見直しや価格交渉がしやすくなる

  • 全店舗でどれくらいの量をいくらで仕入れているか
    整理できていない…
  • 原価率が上がっている要因を特定できない…
解決

仕入れ分析のデータをもとに、発注量の多い食材の価格交渉や、採算が合わない商品の見直しがスムーズに行えます。

株式会社萬野屋 萬野和成社長

株式会社萬野屋 萬野和成社長

お酒などの発注データは、取引先との価格交渉にも使っています。
それまでは感覚値でしたが、明確な数字を出せるようになったことで、交渉がスムーズになりました。
数字の影響力を感じています。(導入事例より抜粋)

導入事例はこちら

仕入れデータの活用で、
業務が効率化し、
スピード感のある
経営判断が実現します。

製品資料をダウンロード

基本利用料

本部 30,000~円/月・ID(税抜)
店舗/部門 1,800円/月・ID(税抜)

店舗が増えていけばいくほど、
コストパフォーマンスが高い
仕組みです。

製品資料をダウンロード 詳しい製品情報はこちら