検索急上昇ワード

話題のワードを解説!「ダムカレー」「ヤンキー農業」「寿司ソックス」

2014年08月25日

「ダムカレー」「寿司ソックス」「ヤンキー農業」

2014年8月上旬~中旬の「YAHOO!検索ランキング」急上昇ワードにランクインした食に関する言葉をいくつかご紹介。消費者の行動が次のニーズを教えてくれます。

ダムカレー

2014年8月8日 11位 →YAHOO!で検索

生活・農工業用水の確保や河川洪水などの水害対策、発電など、私達の暮らしになくてはならないダム。そのダムの形にライスを型どり、カレールウを貯水に見立てて流し込んだカレーライスをダムカレーという。ダムのある地域の飲食店などで提供されていることをテレビ朝日の情報番組「モーニングバード」が紹介し、検索数が急上昇した。メニュー自体は以前からあるが、今回話題となった点は日本を代表するダムマニアがメニューを監修したことにある。

群馬県の水上温泉旅館協同組合はダムを活かした町おこしの一環としてダムカレーのメニュー開発に着手した。その際に協力を仰いだのが、ダムマニア業界で有名な宮島咲氏。同氏は構造上の正確な再現を最重要ポイントに挙げたという。こうして開発された「重力式」「アーチ式」「ロックフィル式」の3形態のダムカレーは、「何度も打ち合わせを重ね、ようやくたどり着いた『形』」という。メニュー開発でお困りの飲食店の方は、マニアの力を借りてみてはいかがだろう。飲食業界とは違った視点から妙案が浮かぶかもしれない。

寿司ソックス

2014年8月15日 2位 →YAHOO!で検索

丸めると寿司に見える靴下。富山県の靴下メーカーが海外へのおみやげ品として製造・販売し人気が出た。マグロ、サーモン、タコ、エビ、イクラ、玉子の握り寿司6種のほか、富山の郷土料理「ます寿司」もある。特にデザインは精彩で、マグロやサーモンにきめの細かいサシを入れたり、イクラの粒ひとつひとつに光沢をつけたりといったシズル感がある。ノベルティグッズや従業員の制服にいかがだろう。寿司だけにおもしろいネタである。

ヤンキー 農業

2014年8月19日 27位 →YAHOO!で検索

千葉県で農業に奮闘する元ヤンキーの男性がネットのコラムで取り上げられ、話題となった。元暴走族総長だったという男性が株式会社ベジフルファーム(千葉県富里市)の代表取締役となり、小松菜、大根、人参などの農産物のほか、アクアポニクスシステム(魚の養殖と水耕栽培の循環型生産システム)を目指してチョウザメの養殖も手がけている。

自らの体験をもとに「ヤンキーは礼節正しく組織愛が強く、体力、精神力の基準値が高い」と説き、元ヤンキーは農業従事者としてマッチング性があるという。後継者不足、高齢化が進む農業に必要なのはそういった「ヤンキー魂」を持つ人材として、今年の1月から元ヤンキー限定のインターン採用を開始した。同社の平均年齢は30代前半といい、66.2歳といわれる農業就業人口の平均年齢(平成25年 農林水産省基本データ集)より若い。今後の農業の担い手として期待したい。

検索急上昇ワード バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について




最新の市況情報

フーズチャネルコンテンツガイド