検索急上昇ワード

話題のワードを解説!「みりん粕」「ごくとま」「金芽ロウカット玄米」

2015年06月10日

2015年5月下旬の「Yahoo!検索ランキング」急上昇ワードにランクインした食に関する言葉をいくつかご紹介。消費者の行動が次のニーズを教えてくれます。

20150609_mirin_600x300

金芽ロウカット玄米

2015年5月26日 5位 →Yahooで検索

東洋ライス(東京都)が販売する、ロウ層を除去した玄米。ロウ層とは玄米表面を覆う硬くて防水性のある層のことで、玄米の食べにくさや炊飯時間の長時間化、消化の悪さなどの原因とされている。このロウ層を取り除くことで、玄米の栄養はほぼそのままで、白米のように炊きやすくなり、食感や消化も良くなるという。食生活に取り入れやすいと情報番組で紹介され、話題になった。

玄米は健康によいものの固くて食べにくい、炊飯に時間がかかるというイメージを覆したため多くの消費者の関心が高まった。玄米を取扱うお店は、一度試してみてはいかがだろう 

ごくとま

2015年5月25日 15位 →Yahooで検索

宮崎県児湯郡都農町の、わそう農園で生産されている糖度の高いトマト。一般的なトマトの糖度が4~6度であるのに対し、「ごくとま」は9.5度だという。甘みだけではなく、旨味や酸味のバランスも良いといわれている。生産者のトマト栽培へのこだわりが情報番組で紹介され、検索が上昇した。

「ごくとま」は水を最小限にして育てているため、中玉でも3センチほどと小さい。色は赤の他に、オレンジ、黄色、グリーン、紫などのカラートマトがある。糖度が高いためジェラートやロールケーキなどのスイーツ用にも加工されている。飲食店で「ごくとまサラダ」などの一見イメージしにくいメニューがあれば、来店客との会話のきっかけになり、そのこだわりを語ることもできそうだ。

みりん粕

2015年5月21日 12位 →Yahooで検索

みりんの精製時に出る搾り粕のこと。美容と健康によい成分が豊富といわれている。みりん粕を使った料理を菌活料理として提供する飲食店が情報番組で紹介され、話題になった。菌活とは食事の際に身体に良い菌を積極的に摂取する活動のことで、女性を中心に注目されている。

みりん粕は塩麹や酒粕と同様、発酵食品だ。みりんの甘みや旨味があり、粕漬けや煮物、焼き魚、グラタン、パンやシャーベットなどに使えば上品な味になるという。

検索急上昇ワード バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について

最新の市況情報

フーズチャネルコンテンツガイド