生鮮食品EC「クックパッドマート」、『Ruby biz グランプリ 2019』にてグランプリを受賞

掲載日: 2019年12月12日 /提供:クックパッド

2019年12月12日
クックパッド株式会社

生鮮食品EC「クックパッドマート」、『Ruby biz グランプリ 2019』にてグランプリを受賞

クックパッド株式会社の運営する生鮮食品ECサービス「クックパッドマート」が、2019年12月12日に開催された『Ruby biz グランプリ 2019』(主催:Ruby biz グランプリ実行委員会)表彰式にて、グランプリを受賞したことをお知らせいたします。

『Ruby biz グランプリ』は、プログラミング言語Rubyを活用してビジネス領域で新たな価値を創造し、今後継続的に発展が期待できるサービスや商品等の事例を顕彰、PRすることを目的に実施されています。

このたび、生鮮食品EC「クックパッドマート」が、当日集荷・配送の生鮮食品ECプラットフォームとして、共働き世帯の「買い物の不便」の解消をはじめとする様々な社会課題に対して取り組んでいる点や、Rubyによる開発ノウハウを積極的に公開している点が評価され、グランプリに選出されました。

■Ruby biz グランプリ 2019 概要

主催 :Ruby biz グランプリ実行委員会(事務局:島根県商工労働部産業振興課)
募集対象:Ruby を使った自社商品・サービス等で、Ruby の特徴を活かし、新規性、独創性、市場性、将来性に富んでおり、今後継続的に発展が期待できるビジネス事例を募集。
公式HP :https://rubybiz.jp/index.html

■生鮮食品EC「クックパッドマート」とは

クックパッドマートは、毎日の料理に欠かせない生鮮食品に特化したECサービスです。
地域の販売者や生産者の販売する新鮮でおいしい食材をアプリから購入できます。購入した商品は、地域の店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に配達され、お客様が好きな時間に立ち寄って商品を受け取れます。

個別宅配ではなく、複数のお客様の商品を受け取り場所(マートステーション)へ共同配送する仕組みで配送効率を高め、1品から送料無料で当日集荷・配送を実現しています。2018年9月よりサービス開始、現在は東京都23区内・神奈川県横浜市、川崎市にて提供しています。

【クックパッドマート概要】

名称:生鮮食品EC「クックパッドマート」
開発・運営:クックパッド株式会社
サービス地域:東京都23区、神奈川県川崎市、横浜市(2019年11月時点)
サービス開始日:2018年9月20日
価格:無料 ※買い物にはクレジットカードが必要
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/id1434632076
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cookpad.android.martec
公式サイト:https://cookpad-mart.com/
メディアキット:https://cookpad-mart.com/about/media_kit


クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら