東京下町大衆酒場で提供される人気の味を再現したハイボールの"素"ソーダで割って楽しめる「トーキョーハイボールの素」に、「トーキ…

掲載日: 2020年03月25日 /提供:オエノンホールディングス

ニュースリリース

東京下町大衆酒場で提供される人気の味を再現したハイボールの"素"ソーダで割って楽しめる「トーキョーハイボールの素」に、「トーキョーハイボールの素 梅風味」500ml紙パックが追加

スリムで持ちやすく、さらにお手軽に「トーキョーハイボール」がつくれます!

2020年3月25日

オエノングループの合同酒精株式会社(代表取締役社長:西永裕司 本社:東京都墨田区)は、東京下町の酒場で愛される味を再現した「トーキョーハイボールの素」に、「トーキョーハイボールの素 梅風味」500ml紙パックを追加し、3月31日(火)より全国で発売します。

「トーキョーハイボールの素 梅風味」は、東京下町の大衆的な酒場で提供されている“元祖チューハイ”と呼ばれる味を再現した「トーキョーハイボール」の“素”です。“元祖チューハイ”とは、焼酎の炭酸割り(ソーダ割り)に梅などの風味をつけて提供されるお酒のこと。古くから今日まで多くの人に愛飲されている“東京下町大衆酒場の味”が、ソーダで割るだけで簡単に自宅で楽しめます。

パッケージには、おすすめの割り方として「トーキョーハイボールの素:ソーダ=1:3」を記載し、出来上がりのイメージとして、ハイボールの画像をあしらいました。1本で約11杯のハイボール(1杯あたりアルコール分約6~7%の想定)がつくれます。

スリムで持ち運びが便利な500mlの紙パックなので、さまざまなシーンでお手軽にお楽しみいただけます。

現在、「トーキョーハイボールの素」は、「梅風味」と、しそ梅の甘酸っぱい味わいの「しそ梅風味」の2品種(720ml瓶)で、展開しています。

このたび、ソーダで割って楽しめる「トーキョーハイボールの素」に、持ち運びに便利な「トーキョーハイボールの素 梅風味」500ml紙パックを追加することで、飲みやすいチューハイやハイボールをお手軽に楽しまれるお客様のニーズにお応えします。

「トーキョーハイボールの素 梅風味」

商品名 「トーキョーハイボールの素 梅風味」
品目 リキュール
アルコール分 28%
内容量・容器 500ml ・ 紙パック
荷姿 12本入りダンボール
参考小売価格 578円(税抜き)
発売日 2020年3月31日(火)
発売地域 全国
ニュースリリース

最新の新商品ニュース

メルマガ登録はこちら