特産品 水産物

掲載日: 2020年05月26日 /提供:新潟県庁

特産品 水産物

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125588 更新日:2020年5月26日更新

冬~その2

ノロゲンゲ

全身ゼラチン質の粘液で蔽われており、かつては未利用であったが、干物は本県名立地区の特産品として有名。

詳しくは → 旬の情報1月

ミズダコ

8本の足に見えるものは腕。本県で捕れるのはミズダコが主で、身が柔らかい。冬のゆでだこ売りは新潟の冬の風物詩となっています。

詳しくは → 旬の情報2月

マガキ

二枚貝の仲間で、タンパク質は少ないが、ビタミン、無機質が多く含まれており、貝の中では最も栄養価が高い。普通は9月から4月のRのつく月が食べ時といわれている。

詳しくは → 旬の情報2月

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 水産課
指導普及係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎9階
Tel:025-280-5314 Fax:025-283-0361 メールでのお問い合わせはこちら

最新のその他ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら