6月は食育月間です!

掲載日: 2020年06月01日 /提供:熊本県庁

6月は食育月間です!

最終更新日:2020年6月1日

球磨地域振興局 TEL:0966-24-4112 FAX:0966-24-5761 kusousoumu25@pref.kumamoto.lg.jp

6月は食育月間です!

食育とは?・・・

様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人を育てることです。「食育月間」は家庭、学校、地域、職場など社会全体で、国民的な拡がりをもって、食育推進に取り組んでいくために設けられた食育の強化月間です。

みなさんもこの機会に食生活について考えてみませんか?

なぜ今、食育?

平成23年度に実施した食生活に関する調査の結果、熊本県民の食生活の課題が見えました。

1.バランスの良い食事をしているのは男性4割、女性3割!

2.野菜が足りていない!

3.塩分の摂りすぎに注意!

4.朝食を食べていない!
他にも、特に働き盛り期の男性の肥満や生活習慣病、若い女性の過度のダイエット志向など、今、将来の健康維持のために改善が必要です。

また近年、食の安全や外国からの食糧輸入依存問題など、食を取り巻く環境が大きく変化しています。

このような中で生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育む食育が大切です。

どのような食事が健康に良いの?

1日3食、規則正しく食事をすることが基本です。

栄養バランスの取れた食事のためには、食事を作ったり、選んだりするときに、主食・主菜・副菜を組み合わせるようにしましょう。

主食



ごはん、麺などの穀物を主な材料にした料理。

炭水化物を多く含み、エネルギーの元になります。

主菜



魚、肉、たまごなどを主な材料にした料理。

たんぱく質を多く含みます。

副菜



野菜、いも、海藻などを主な材料にした料理。

いろいろなビタミン、鉄、カルシウム、食物繊維などを多く含みます。

何をどれだけ食べるかは、性別、年齢、身体活動量など人それぞれで違います。

食べ過ぎは肥満につながりますので、食べる量には注意しましょう!

世代別の食生活ワンポイントアドバイス

栄養バランスを考えた食事をするときは、次のようなことに気を付けてみてください。

【妊娠中の女性の方は】

胎児の発育や妊娠中の母体の健康を考えましょう。

・主食を中心に、エネルギーをしっかりとること。

・ビタミンやミネラルは不足しがちのため、副菜(野菜や果物など)でたっぷり

とること。

・主菜(たんぱく質)は体作りの基礎、適量を摂ること。

・牛乳・乳製品は多様な食品を組み合わせて、カルシウムを十分に摂ること。

・妊娠中の体重増加は望ましい範囲で。

【若い世代の方は】

朝ごはんを食べない人、野菜を食べる量が少ない世代です。

生活リズムを見直してみましょう!

また若い女性では痩せすぎている人が増えています。

無理なダイエットは将来の骨粗しょう症などを招く原因にもなりますので、

適度な運動と食事に気を付けましょう。

【お腹周りが気になる世代は】

熊本県では30歳代から急激に肥満が増加している状況にあります。

(特に男性)

肥満を予防するためには、食事の量もですが、飲酒や間食などの習慣を見直し

て、脂質や炭水化物の過剰摂取にならないように気を付けてください。

また、定期的に体重測定をし、ご自身のBMIを確認しましょう。

※BMIとは、身長に見合った体重かどうか判定する数値。男女とも標準とされる

BMIは22でもっとも疾病にかかりにくい数値とされています。

BMI=体重(kg)÷ 身長(m)2
【目標とするBMIの範囲】
18~49歳:18.5~24.9

50~64歳:20.0~24.9

65歳以上:21.5~24.9

【高齢者の方は】

食事の量が足りないと体重が減ってしまい、体力も落ちてきます。

主菜や乳製品をしっかり食べて、体力を維持しましょう。

また脱水症に注意し、こまめに水を飲むようにしてください。

できることから始めよう!

「今日の晩酌は1杯までにしておこう」

「今日は野菜を1皿いつもより多く食べよう」

など、1つ何か身の回りにできることを探してみてください。

そしてそれを続けていくことで、将来いつまでも元気にいきいきと過ご過ごすことが出来る体に一歩近づけることができますよ。

今、家族、友人、周囲のひとと一緒に「食べること」を考えましょう!

食に関する情報をお知らせします!(熊本県のホームページより)

○野菜が足りないと思うとき、手軽にできる「野菜あと一皿(100g)」レシピを紹介します。ご活用ください。
野菜一皿(100g)レシピの紹介

○熊本県では、県民の健康づくりの支援として健康に配慮したメニューや、健康づくりに関する情報を提供したりする飲食店などを「くまもと健康づくり応援店」として指定しています。ぜひあなたの食事選びにご活用ください。

くまもと健康づくり応援店ガイドブック(2020年版)の紹介

○食生活指針とは 健康で長生きするために、県民の皆さまがどのような食生活を送ったらよいかを示した食行動の手引きです。

指針を活用し、食に関する正しい知識や望ましい食習慣を身につけて、生活習慣病を予防し、健康寿命の延伸につなげましょう!

熊本県食生活指針2018の紹介

最新のその他ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら