6月は「環境月間」~今だからこそ私たちにできること~ セブン&アイグループで「マイバッグ」の利用を推進

掲載日: 2020年06月01日 /提供:セブン&アイ・ホールディングス

2020年6月1日

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

6月は「環境月間」~今だからこそ私たちにできること~ セブン&アイグループで「マイバッグ」の利用を推進 店内でのポスターや放送等を通じて、お客様と一緒にプラスチック削減に取り組みます


株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)は、6月の「環境月間」に合わせ、セブン&アイグループ各社でマイバッグの利用推進やライトダウン等を通じて、お客様と一緒に今だからこそ私たちにできる環境への取り組みを実施いたします。
また、6月1日より発足する、国連環境計画(UNEP)※1による新たな活動『UNEPサステナビリティアクション』※2に賛同し、分野・業界・国境を越えた企業同士のつながりや、国連・政府・企業・市民・その他機関の横断的なネットワークに参画することで、持続可能な社会の実現を推進してまいります。
セブン&アイ・ホールディングスは、引き続きお客様やお取引様をはじめ全てのステークホルダーの皆様と共に“豊かで持続可能な社会”の実現に向け、更に取り組みを強化してまいります。


※1 1972年に設立された環境分野における国連機関。地球規模の環境課題に対して、持続可能な開発に関する各種事業を実施している。
※2 地球を守るエコな暮らしをテーマに、普段の暮らしからサステナビリティを考え、環境にやさしい社会をつくり、みんなで持続可能な社会を目指す新たなプラットフォーム。


<環境月間の取り組み概要>

■「マイバッグ」の利用促進
参加店舗:セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、ヨークフーズ、シェルガーデン、そごう・西武、ロフト
実施日:6月1日~、グループ店舗で順次実施。(約21,500店舗)
内容:マイバッグの持参や7月からのレジ袋無料配布中止等の啓発ポスターの掲示、店内放送を実施。


・そごう・西武「プラスチック・スマートキャンペーン」
日本百貨店協会共通マイバッグを販売。
(1) 「スマートクールバッグ」:価格 455円(税込500円)
(2) 「結ぶつなぐバッグ」 :価格 小182円(税込200円)中228円(税込250円)
※そごう・西武ではレジ袋のご辞退1万枚で1本分の植樹につながる活動をおこなっています。

(1)(2)


・ヨークベニマル「私のお買い物かご」「マイバッグ」販売中
「私のお買い物かご」:300円のデポジット方式で販売中。レジ清算後、袋への移し替えが不要。
「レジカゴマイバッグ」:価格598円(税込657円)~ レジカゴにぴったり収まるマイバッグ。レジ清算時にセットすることでお会計がスムーズになります。


■お客様と一緒に環境について考える「ライトダウン」の実施
参加企業:イトーヨーカドー、そごう・西武
実施日:6月21日夏至の日と7月7日七夕の日の2日間
内容:
・イトーヨーカドー
塔屋のある店舗で、該当日の20時~22時を目安に消灯。実施の5日前から店内放送とHP・Twitterで省エネについてのメッセージを配信。
※消灯時間は店舗により異なります。
・そごう・西武
各店の屋上ネオン、袖看板等を2時間消灯。店内放送、店頭POPでお客様に省エネについてご案内。

イトーヨーカドーイメージ


■その他の環境活動
イトーヨーカドー「サステナブルな暮らしの提案」特設HPの開設
URL:https://www.itoyokado.co.jp/special/env2020_06/index.html
期間:6月1日~6月30日
内容:自宅でできるエコ活動情報やエシカル商品のご紹介、イトーヨーカドーのリサイクルの取り組み等、お客様と一緒に環境について考える特集ページ。

ホームページイメージ


<UNEPサステナビリティアクションについて>

『UNEPサステナビリティアクション』とは、市民、企業、政府、国連機関が繋がる新たなプラットフォームです。
地球環境問題解決をめざす 新たなプロジェクト
めざすのは 持続可能が当たり前の社会
普段の暮らしで 持続可能な活動
“サステナビリティアクション”を みんなで行おう!
3つの活動
(1) グローバルダイアログ
(2) キャンペーン活動
(3) プロジェクト活動
これらを一体化させて、持続可能な開発目標(SDGs)2030
その後のサステナブルな社会を創り上げよう
プロジェクトの詳細や具体的な活動内容は、随時UNEPサステナビリティアクションHP等で発信していきます。
UNEPサステナビリティアクションHP URL:
https://www.unenvironment.org/ietc/ja/huodongfenye/unep-sasutenahiriteiakushiyon
メッセージ動画URL:
https://www.youtube.com/channel/UC_iUgNUY1F0yEKzHe8EyZ3Q

UNEPサステナビリティアクションロゴ


<セブン&アイグループの『GREEN CHALLENGE 2050』>

セブン&アイグループでは、19年5月に環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』を策定し、4つのテーマで中長期の目標を定め、“豊かで持続可能な社会”の実現に向けて取り組んでいます。

―策定後の取り組みの一例―

【CO2排出量削減】
■セブン‐イレブン店舗で使用する電力のすべてを「再生可能エネルギー」でまかない、店舗におけるCO2排出量を実質ゼロとする実証実験を神奈川県内の10店舗にて開始。(19年9月)
※イトーヨーカドーやアリオ等、大規模な店舗の一部において、太陽光パネルの設置を開始。

【プラスチック対策】
■「完全循環型ペットボトル」を採用した「一(はじめ)緑茶」シリーズの展開。(19年6月)

■『セブンカフェ』で使用するストローを、植物由来原料のストロー、紙製のストローに切り替え。(2019年11月)

■『セブンプレミアム ライフスタイル ボディクーラー』の新商品に、グループで回収したペットボトルから再生したポリエステル繊維を使用。(2020年2月)

■再生ポリエステルの生地を採用したグループオリジナルのエコバッグ『セブンプレミアム ライフスタイル シュパット コンパクトバッグ』を発売。(20年3月)


【食品ロス・食品リサイクル対策】
■食品を扱うグループ4社※1で、食品の納品期限を「3分の1ルール※2」から「2分の1」へ緩和する対象商品を拡大。(19年7月)
※1:セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート。
※2:製造日から賞味期限までの最初の3分の1の期間までに納品する商慣習。
■セブン‐イレブンでは、販売期限が近づいたおにぎりやお弁当等を、電子マネー「nanaco」で購入されるお客様に、nanacoボーナスポイントを付与する「エシカルプロジェクト」を全国の店舗で実施スタート。(20年5月)

【持続可能な調達】
■イトーヨーカドーが展開する「顔が見える食品。」を中心に、「MSC認証」「ASC認証」「MEL認証」などの水産エコラベル※を取得した商品の取り扱いを拡大。(20年3月)
※持続可能な方法で行われている漁業や養殖業を認証する仕組み

以上

『GREEN CHALLENGE 2050』:循環経済社会に向けたプラスチック対策



『GREEN CHALLENGE 2050』:循環経済社会に向けたプラスチック対策

セブン&アイグループの環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』では、「CO₂排出量削減」「プラスチック対策」「食品ロス・食品リサイクル対策」「持続可能な調達」というグループの事業に密接にかかわる4つのテーマを特定し、2030年および2050年の目標値を具体的に掲げています。
目標達成に向けて、お客様、お取引先様、そして地域社会の皆様などあらゆるステークホルダーの方々と認識を共有するために、本動画では「プラスチック対策」に関するイメージムービーを紹介しています。

(1:35)

以上

【PDF】 (PDFファイル)

【スマートクールバッグ】 ()

【結ぶつなぐバッグ】 ()

【ライトダウンイメージ】 ()

【QRコード】 ()

【サステナブルな暮らし1】 ()

【サステナブルな暮らし2】 ()

【UNEPサステナビリティアクション】 ()

【CO2排出量0実験店舗】 ()

【はじめ緑茶】 ()

【完全循環型リサイクル】 ()

【セブンプレミアム ライフスタイル シュパット コンパクトバッグ】 ()

【セブンプレミアム ライフスタイル シュパット コンパクトバッグ肩掛け】 ()

【エシカルプロジェクト】 ()

【エシカルプロジェクトシール】 ()

【持続可能な調達】 ()



最新の小売ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら