食品営業許可について

掲載日: 2020年08月12日 /提供:高知県庁

食品営業許可について

公開日 2020年08月12日

令和3年6月から食品営業許可の業種が見直されることになっています。
また、新たに食品営業届出制度が創設されます。
詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

(参考)中央西福祉保健所管内許可業者の皆様へのお知らせ(令和2年3月)許可・届出制度チラシ(中央西)[PDF:315KB]

食品衛生法により、公衆衛生上食品を取り扱うために許可が必要なものとして34業種が定められています。
また、食品によっては、資格が必要なものや、製造方法が法令で決められているものがあります。
以下の営業を行う場合は、施設(お店)の住所地を所管する福祉保健所にご相談ください。

営業許可が必要な34業種

(調理業)
飲食店営業、喫茶店営業

(製造業)
菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム製造業、乳製品製造業、食肉製品製造業、魚肉ねり製品製造業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業、みそ製造業、醤油製造業、ソース類製造業、酒類製造業、豆腐製造業、納豆製造業、麺類製造業、総菜製造業、添加物製造業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、缶詰又はびん詰食品製造業

(販売業)
乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業、魚介類競り売り営業、氷雪販売業

(その他)
乳処理業、特別牛乳搾取処理業、集乳業、食肉処理業、食品の冷凍又は冷蔵業、食品の放射線照射業

営業許可に必要なもの

1 食品を取り扱うにあたり、必要な設備がある施設(自宅兼用は不可)
(例)流水式手洗い設備、食材・器具等の洗浄設備、給水設備(水道等)、
給湯設備、蓋付きゴミ箱、薬用液体石けん、
トイレの流水式手洗い設備 など

2 食品衛生責任者(食品により、食品衛生管理者が必要な業種があります。)

営業許可を受けるまでの流れ

1 これから行おうとする食品営業について、必要なことを調べる。
・許可が必要なものか(上記の34業種)
・製造方法や製品規格などの決まりがあるか(食品、添加物等の規格基準
また、製造方法や販売方法、表示などについて、あらかじめ決めておく。

2 施設・設備を整える。(業種によって必要な設備は異なります。)
うえの例示を参考にしてください。
詳細な施設基準は、高知県食品衛生法施行条例第4条 別表第2で示されています。

3 申請書を用意する。
申請書は、高知県ホームページ内「申請・届出様式」からダウンロードできます。
また、福祉保健所内の食品衛生協会では、申請に必要な添付書類をセット販売しています。

4 施設所在地の福祉保健所に営業許可申請をする。(申請手数料必要)

5 日程調整後、食品衛生監視員(福祉保健所職員)が施設・設備を確認する。

※ 許可日は、施設基準を満たしていることを確認した日から数日後になります。
※ 申請から許可までに要する期間は、不備等がない場合、概ね2週間程度です。

食品営業許可証について

許可証は、講習会受講後にお渡ししています。
(日程は許可証交付講習会のご案内[PDF:182KB]をご覧ください。)

営業許可を受けていることの証(あかし)ですので、施設内の見えるところ(お会計の近くなど)に掲示してください。

連絡先

高知県 健康政策部 中央西福祉保健所
住所: 〒789-1201 高知県高岡郡佐川町甲1243番4号
電話: 総務保護課 0889-22-1240(総務)
0889-22-4628(保護第一)
0889-22-1267(保護第二)
地域支援室 0889-22-1241
健康障害課 0889-22-1247(健康、母子、感染症)
0889-22-1249(障害)
衛生環境課 0889-22-2588(食品、動物、水道)
0889-22-1286(医事・環境)
ファックス: 0889-22-9031
メール: 130115@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら