KDDIとローソン、スマホの位置・購買情報を活用し、店舗状況に応じてお客さまのニーズに合わせた特典を配信する実証実験を実施

掲載日: 2020年09月24日 /提供:ローソン

~データに基づいたおすすめ商品購入でPontaポイント還元、消費期限が近付いた商品は最大50%OFF~KDDIとローソン、スマホの位置・購買情報を活用し、店舗状況に応じてお客さまのニーズに合わせた特典を配信する実証実験を実施

2020年9月24日

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増 貞信、以下 ローソン)は、2020年9月24日から2020年10月31日の期間中、au IDに紐づく属性情報や位置情報、決済情報などのビックデータ(注1)(注2)と ローソンの購買情報(注3)に基づき、お客さまのニーズと状況に合わせた特典提供と、店舗の状況に応じた値引き情報の配信を行う実証実験(以下 本実証実験)を実施します。本実証実験では、お客さまに最大100Pontaポイントの還元や、対象商品の最大50%OFFの情報を提供します。


■本実証実験について

近年、小売業界ではデジタルシフトが加速し、モバイルオーダーなどネットとリアルを融合した新たな消費体験が浸透し始めています。

本実証実験では、お客さまのニーズと店舗の在庫状況などに応じて、お客さまごとの特典をau PAY アプリを通じて店舗周辺に来店しそうな時間にお知らせします。合わせて、店舗の廃棄ロス削減も目指します。


1.概要

(1)お客さまのニーズと状況に合わせた特典提供 ※2020年9月24日開始

・KDDIの保有するデータとローソンの購買データを活用し、お客さまのニーズを分類します。

全国約13,700のローソン店舗(「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」除く)を対象に、当該分類に合わせたお客さまごとのおすすめ商品と特典提供の提案を、利便性の高いタイミングを想定しau PAY アプリにプッシュ配信します。例えば、20~40代の働く女性向けに帰宅途中のタイミングで、来店前にデザートのおすすめ告知を行い、商品を購入する特典として最大100Pontaポイントを還元します。

・お客さまのニーズと状況を踏まえた施策の購買効果を検証します。


(2)店舗ごとの値引き情報配信(廃棄ロス削減) ※2020年10月2日開始

・店舗の状況に応じて、店舗周辺に来訪しそうなお客さまへ店舗限定の提案を来店前に行います。例えば、夕方夜間の時間を中心に消費期限が近付いた商品(お弁当/おにぎり/調理パン/調理麺/ベーカリー/デザートなど)を最大50%OFFする値引き情報を対象のお客さまのau PAY アプリにプッシュ配信します。廃棄ロス削減を実現し、SDGsにも貢献していきます。

・店舗単位の施策により、個店のマーケティング施策の効果を検証します。

・対象店舗は埼玉県内10店舗となります。

<お客さまのニーズと状況に合わせた特典提供のイメージ>

<店舗ごとの値引き情報配信(廃棄ロス削減)のイメージ>


2.特典提供の適用条件

以下2つを満たすことが条件となります。

・対象店舗で本実証実験期間内に商品をお買い上げいただくこと。

・お会計時にPontaカード、もしくはアプリのデジタルPontaカード画面を提示いただくこと。

※その他、詳細条件は、キャンペーン広告配信にてお知らせします。


3.実施期間

2020年9月24日~2020年10月31日(予定)


KDDIとローソンは、2019年12月16日に、両社の顧客基盤を生かしたデータマーケティングの推進や先端テクノロジーの活用による新たな消費体験の創出に向け資本業務提携契約を締結しました。

本実証実験は、新たな消費体験の創出に向けた取り組みの一環となります。

両社は、本実証実験の取り組みについて、2021年春の展開開始、2021年度中の全国のローソン店舗への導入を目指していきます。


※本実証実験は、三菱商事株式会社の協力のもと実施しています。


(注1)KDDIにてデータ利用許諾がとれたお客さまのみ対象となります。

(注2)KDDIと沖縄セルラー電話がお客さまから個別に同意を得たうえで取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性情報、決済データです。

(注3)ローソンにてお客さまから個別に同意を得たうえで取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した属性および購買データです。


以 上





最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら