鷲尾外務副大臣の2020年世界食料デー・イベントへの出席

掲載日: 2020年10月16日 /提供:外務省

報道発表

鷲尾外務副大臣の2020年世界食料デー・イベントへの出席

令和2年10月16日

10月16日、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所国連世界食糧計画(WFP)日本事務所及び国際農業開発基金(IFAD)の共催による2020年世界食料デー・イベント:「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」がオンラインで開催され、鷲尾英一郎外務副大臣はビデオメッセージにより出席したところ、概要は以下の通りです。

1 冒頭、来賓挨拶として鷲尾副大臣から、新型コロナウイルス感染症の拡大により世界の食料安全保障に深刻な影響が生じているなか、我が国として多方面において積極的な対応を行っている旨、また世界中の人々が安心して食料にアクセスするために食料システムの再構築に向けた世界的な議論と行動が求められており、2021年の「国連食料システムサミット」や、我が国が主催する「東京栄養サミット」などの機会を通じ、世界の食料安全保障のための様々な取組を実施していく旨述べました。また、先般のWFPによるノーベル平和賞受賞に祝意を述べました。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら