全国のローソンを販路とした外食企業35社とのコラボを強化

掲載日: 2020年10月28日 /提供:ローソン

全国有名外食企業のおいしさを近くの店舗で
新たな生活スタイルから生まれた新しいつながり全国のローソンを販路とした外食企業35社とのコラボを強化

2020年10月28日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、お客様に専門店の美味しさを身近な店舗で楽しんでいただくため、全国各地の有名外食企業35社とコラボした商品を全国のローソン店舗または各地域限定にて順次発売致します。

新型コロナウイルス感染拡大による生活スタイルの変化を受け、コンビニエンスストアでの冷凍食品や日配食品などの品揃えの強化、外食でのテイクアウトの拡充など、「食」の市場にも変化が生まれています。今回の取り組みでは、全国各地の外食企業に全国のローソン約14,500店の店舗網を新たな販路として活用いただき、専門店のおいしさを通じてマチ(地域)を元気にすることを目指しています。


ローソンでは、これまでも身近なコンビニで各地域の地元の人気店の味を楽しんでもらうため、全国各地の外食企業とのコラボ商品や各地の名産品を販売してまいりました。今回の取り組みは、コロナによる新しい生活スタイルの中、異業種とのコラボレーションをより加速させたものです。全国各地の有名外食企業35社の規模で、コラボ商品を発売するのは今回が初めてとなります。10月から順次販売を開始し、年明け以降も全国各地の外食企業との取り組みを拡大する予定です。今後さらに外食企業との連携を強化し、ローソンでコラボ商品を購入したお客様に外食店舗で利用できる割引券を発行するなどの異業種送客の取り組みや、地域貢献の取り組みも検討してまいります。



ローソンは、これからも外食企業とのコラボレーションを通じて、お客様に専門店のおいしさを楽しんでいただくとともに、地域の活性化に貢献してまいります。


最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら