超人気ベーカリー『Zopf』伊原シェフ、MAL de MEAT(R) ベーカリーメニューを開発

掲載日: 2021年01月21日 /提供:日本アクセス

2021 年1月 21 日

超人気ベーカリー『Zopf』伊原シェフ、
MAL de MEAT® ベーカリーメニューを開発

2019 年から『新しい食の選択肢の一つ』として 100%植物性にこだわった「MAL de MEAT®」を開発・展開してきた株式会社日本アクセス(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:佐々木淳一)は、MAL de MEAT のベーカリー市場への販路拡大を狙い、日本を代表する超人気ベーカリー『Zopf(ツオップ)』(運営:株式会社 ZOPF、本社:松戸市、代表取締役:伊原 靖友)が開発した MAL de MEAT を使用したベーカリーレシピの提供を1月下旬から開始します。

健康志向などの消費者ニーズへの対応と、今後の人口増加に伴い懸念される食肉不足などの環境・社会課題解決の両方につながる取り組みとして 100%植物性の「MAL de MEAT」を 2019 年に発売。代替肉市場が拡大しているなか、さらに多くのお客さまに魅力を感じていただくため、「Zopf」伊原シェフにご協力頂き、新たな「MAL de MEAT」のおいしさを発信していきます。

<Backstube Zopf>

伊原 靖友 氏 全国のパンラバーの聖地とも呼ばれる「Zopf」。毎日焼き上げるパンは 300 種類以上。伝統的な製パンの考え方を守りながらも「今」に合わせた改良を重ね、奇をてらわず「当り前に美味しい」という最も難しいハードルに日々挑む伊原シェフ。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.nippon-access.co.jp/files/topics/309_ext_01_0.pdf

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら