秋田新幹線こまちで輸送した船橋屋の「元祖くず餅」「あんみつ」を販売します

掲載日: 2021年01月26日 /提供:東日本旅客鉄道

2 0 2 1 年 1 月 2 6 日

(株)JR 東日本リテールネット
J R 東 日 本 秋 田 支 社

秋田新幹線こまちで輸送した
船橋屋の「元祖くず餅」「あんみつ」を販売します

株式会社JR東日本リテールネットとJR東日本秋田支社では、2021 年 1 月 29 日(金)に NewDays 秋田ぽぽろーど店で、船橋屋(本店:東京都江東区亀戸)の「元祖くず餅」「あんみつ」を数量限定で販売します。

「元祖くず餅」「あんみつ」は、消費期限が 2 日間と大変短く、今まで秋田では販売が難しい商品でしたが、今回、新幹線こまちを活用することで実現しました。

秋田ではなかなか食べることができない商品ですので、ぜひこの機会にお買い求めください。

1 商品名
元祖くず餅《中箱》 36 切入 895 円(税込) 限定 80 個
あんみつ 480 円(税込) 限定 22 個

2 販売日時
2021 年 1 月 29 日(金) 16 時 30 分から(予定)
※天候の状況等により列車運休・遅延が発生した場合につきましては、 販売中止または販売時間が遅れる場合がございます。
※数に限りがございます。完売した時点で終了になります。

3 販売場所
NewDays 秋田ぽぽろーど店 (秋田駅2F 中央改札口正面)

『船橋屋』とは・・・
江戸は文化二年(1805 年)十一代将軍徳川家斉のころ、初代勘助が、菅原道真を祀る亀戸天神社の境内にて茶店を創業。参拝客から広まり、江戸の名物の一つに数えられる程の評判を取るようになりました。「船橋屋」の看板文字は吉川英治によるもの。芥川龍之介や永井荷風、西郷隆盛など著名人ともゆかりのあるお店です。 近年、くず餅原料から分離した「くず餅乳酸菌®」を利用したスイーツやサプリメントも開発しています。

「あんみつ」自家製餡と秘伝の黒蜜を添えて 天草をじっくり煮出してつくったところてん製法の寒天。 本物の証はほのかな磯の香りとコリっとした楽しい食感。 くず餅に使われる伝統の黒糖蜜でお召し上がりください。

江戸から伝わる無添加製法発酵和菓子「元祖くず餅」 原料である小麦澱粉の約 450 日の乳酸発酵によって食べ始めた時の独特な歯ごたえ、しなやかさは生まれます。 毎日丁寧に蒸し上げてお届けしています。 黒蜜ときな粉を絡ませてお召し上がりください。

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら