冴えわたる毎日のために 生活習慣サプリメントシリーズ「フェルラ酸」 - 2014年11月1日新発売

掲載日: 2014年10月21日 /提供:ファンケル

報道関係者各位(新製品情報)
2014 年(平成 26 年)10 月 21 日
冴えわたる毎日のために
生活習慣サプリメントシリーズ「フェルラ酸」
2014 年 11 月 1 日新発売

株式会社ファンケルヘルスサイエンス(本社:横浜市中区、代表取締役社長:田多井 毅)は、当社の健康 カウンセラーを通じて販売するカウンセリング専用製品である生活習慣サプリメントシリーズから『フェルラ酸』 (30 日分 10,800 円<税込>、定期購入の場合 9,720 円<税込>)を、2014 年 11 月 1 日(土)より通信販売および一部を除く直営店舗にて新発売いたします。

加齢とともに脳の老化は進行し、もの忘れが引き起こされることで、日常の生活に影響を及ぼしていきます。当社は、スッキリ冴えた頭で趣味を楽しみ、知的活動を楽しめる「グッドエイジング※」を目指すため脳の老化に注目し、冴えのためのサプリメント『フェルラ酸』を開発いたしました。

もの忘れは、加齢に伴い、血管が衰えて血流が悪くなることで引き起こされます。十分な酸素と栄養成分が届かなくなった脳では、脳神経細胞が減少し情報のやり取りが少なくなり、もの忘れが起きていきます。
同製品には、脳神経細胞を新たに作り出す働きがある「フェルラ酸」を配合。また、神経伝達物質の材料となる「αアルファ-GPCジーピーシー」、血流を促す「いちょう葉エキス」を複合配合したことで、冴えの低下を防いで、もの忘れを予防します。

なお同製品は、2014 年 11 月 1 日(土)よりスタートする当社の新事業「グッドエイジングプログラム」のカウンセリングを通して販売いたします。同シリーズを通じて将来のリスクを予防し、健康カウンセラーによる生活習慣の改善提案など、お一人おひとりのこれからのグッドエイジングをサポートしてまいります。

製品特長
◆ 脳神経細胞の新生を促す「フェルラ酸」を配合
「フェルラ酸」は、イネ科の植物に多く含まれているポリフェノールの一種で、イネを活性酸素から守る働きがある、期待の成分です。また、神経細胞の新生を促す働きもあります。
◆ 神経伝達物質の補給、循環を促す機能成分を複合配合
「α-GPC」は、脳だけではなく、母乳や大豆にも含まれる安全な成分で、神経伝達物質を補います。また、「いちょう葉エキス」は血流を促進させ、脳のエネルギーを巡らせます。
◆体内効率を考慮した処方設計
「ビタミンC」を配合し、主成分の「フェルラ酸」の抗酸化力を高め、活性酸素の抑制に働きかけます。
続きはこちらからどうぞ↓
http://www.fancl.jp/company/news/pdf/2014.10.21_seikatsushuukansapriferurasan..pdf

最新の新商品ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら