ネットスターズとぐるなびの資本業務提携について

掲載日: 2018年05月16日 /提供:ぐるなび

ネットスターズとぐるなびの資本業務提携について

株式会社ネットスターズ(本社:東京都中央区 以下、ネットスターズ)と、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区 以下、ぐるなび)は、ぐるなびによるネットスターズへの資本参加ならびに両社間での業務提携を締結したことをお知らせいたします。

同提携により、ネットスターズが開発した決済プラットフォーム「Starpay」を、ぐるなびが飲食店向けに展開するマルチ決済サービス「ぐるなびPay」のQRコード決済に提供します。これにより「ぐるなびPay」を国内飲食店向けに広く普及・展開に取り組み、WeChat Pay決済による訪日中国人の利便性と飲食店への送客を目指して参ります。

ネットスターズは日本で初めてテンセント社のWeChat Payアクワイアラとして、訪日観光客向け決済サービスの展開を行って参りました。Starpayの導入店舗数は1万を超え、訪日中国人向け決済サービス業界で確固たる地位を占めております。Starpayは2017年11月から「LINE Pay」が対応しているほか、近々、「d払い」への対応も予定しています。今後もユーザー、店舗双方の利便性の向上を図って参ります。

一方で、ぐるなびはこれまで、訪日中国人向けの情報発信では「ぐるなび外国語版」にて、繁体字・簡体字に対応した多言語レストラン予約サービスを提供してきました。これからは、WeChat Pay決済を活用することで、訪日中国人の利便性の更なる向上と飲食店の情報発信や販促支援による送客から決済まで一環した業務支援サービスを提供していきます。

以上

最新の外食ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
フーズチャネルコンテンツガイド