第14回 全国自動発注セミナー開催のお知らせ

掲載日: 2018年06月04日 /提供:アルファクス・フード・システム

第14回 全国自動発注セミナー開催のお知らせ

平成30年6月4日

各 位


株式会社アルファクス・フード・システム
(東証JASDAQ 証券コード3814)

第14回 全国自動発注セミナー開催のお知らせ

当社は、定期開催している「全国自動発注セミナー」(2部構成)を下記の日程にて開催いたします。

6月5日(火)東京会場 13:30~16:00
6月6日(水)大阪会場 13:30~16:00
6月7日(木)福岡会場 13:30~16:00
6月8日(金)広島会場 13:30~16:00

本セミナーは、
① セミナーの第1部に、飲食業界のトレンドについて、キーマンに登壇してもらい、今後の動向について話をして頂く。
② 飲食店が実現すべき自動発注とはどのようなものか、どう行っていったら良いのかを実例を交えて分かりやすく理解できる。
という点が外食企業の皆様に大変評価を頂いております。

◆今回のトレンド講演は、新システム導入で獲得できる補助金セミナー

人手不足、税率税制度変更、生産性向上、事業承継など、商売や事業を取り巻く環境変化に対応していくために、国からはさまざまな補助金や助成金が中小企業に付与されています。
返済不要のこの資金は、うまく活用し、生産性の工場や、人手不足に対応する仕組みを築き上げた飲食店は、競争力の強い店舗運営ができることは間違いありません。特に、2019年10月から施行が予定されている「消費税の複数税率対策」については、今年、来年が最後のチャンス。複数税率が伴う受発注システム導入では、最大1,000万円の補助金がおりるチャンスも。予算が消化されれば、申請期限前に打ち止めになる可能性も高いだけに「早い者勝ち」となることは必須。そのほかにも、中小企業が使いやすい補助金、助成金などについて、消費税の転嫁対策ワーキングチームのメンバーとして、全国の商工会議所に消費税対策の指導し西條先生に詳しい内容についてお話いただきます。

◆ますます重要度を増す「自動発注の仕組み作り」と
「食材ロス追求」を成功事例をまじえ徹底解説!


人手不足や労働環境が取りざたされる昨今、今までと同じような発注業務では食材ロスの追及はおろか人海戦術による発注業務さえままならなくなっている現場。当社では、創業当初から飲食店の業務/経営改革となりうるこれらの仕組みづくりの根幹となる「飲食店経営管理システム(食材ロス追求・自動発注実現ソフト)」の開発に邁進して参りました。今回は、導入企業の成功事例をまじえながらシステムを徹底解説いたします。

ぜひ、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

セミナー紹介チラシはこちらから

■この件に関するお問い合わせ
株式会社アルファクス・フード・システム
東京会場TEL:03-5649-2100 橋口まで
大阪会場TEL:06-6885-7711 植野まで
福岡会場TEL:092-412-3222 中野まで
広島会場TEL:0836-39-5151 東まで

全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
食品こだわり展示会2018
フーズチャネルコンテンツガイド