新型POSレジの多言語対応を実施

掲載日: 2018年06月15日 /提供:ローソン

より「働きやすいお店」へ・多様な働き手に合わせた取り組み
6月より順次既存店舗へ新型POSレジの導入拡大新型POSレジの多言語対応を実施

2018年6月15日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信)は、ベテランや外国人・シニアなど店舗で働く従業員がより安心して効率的にレジ業務ができるよう、自動釣銭機と組み合わせた新型POSレジの導入を進めています。このたび、6月19日(火)よりこの新型POSレジへ、従業員に操作ステップを案内するナビゲーションへの多言語表示機能を追加いたします(※)。 ※すでに導入済の新型POSレジおよび同日以降に導入される新型POSレジに多言語を導入します。

今回新たに追加する機能は、レジで誤操作した際に表示されるポップアップメッセージ機能、各操作画面に表示されるヘルプ機能、および会計後の伝票処理時などに表示されるナビゲーション機能の3種類の多言語表示対応です。外国人従業員が、レジのログイン時に「中国語(簡体)」・「ベトナム語」・「ネパール語」の3か国語から表示する言語を選ぶことで、希望の言語で表示することができます。今回の新機能追加は、外国人従業員の持つレジ操作の不安を軽減し、安心して働いていただくことが目的です。

このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1139582
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1139583
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1139584
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1139585

ローソンは店舗の生産性向上に向けた様々な取り組みを進めています。お客様ご自身がスマホで決済するサービス「ローソンスマホペイ」やRFID(電子タグ)などの新技術を使った実証実験のほか、店舗IT機器や設備の効率化・省力化によって、お客様の利便性と店舗の生産性向上を図り、多様な人財が安心して働くことができる環境づくりを目指してまいります。



全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド