ウナギ取り扱い方針を策定 - 「インドネシアウナギ保全プロジェクト」に取り組み、世界初となるウナギのFIPを本格始動[イオン(株)]

掲載日: 2018年06月18日 /提供:イオン

2018年6月18日
イ オ ン 株 式 会 社

ウナギ取り扱い方針を策定
「インドネシアウナギ保全プロジェクト」に取り組み、世界初となるウナギのFIP※を本格始動


イオンは、ウナギ取り扱い方針を策定し、資源の枯渇防止に貢献するとともに、日本 伝統の食文化を次代に残すべく、その持続可能な調達に向けて取り組みます。

イオンは2006年に、持続可能で適切に管理され、環境に配慮した責任ある方法で 漁獲された天然水産物の認証である「MSC認証」(海のエコラベル)商品の取り扱いを開始しました。2014年には、環境や社会に配慮した養殖場で生産された水産物の認証である「ASC認証」を取得した商品を、アジアの小売業で初めて販売するなど、限り ある資源の保全につながる取り組みを継続しています。

また 、自然資 源の持続可能 性と事業 活動の継続的 発展 の両 立を目指して 策定し た 「イオン持続可能な調達原則」(2014年)に基づき、昨年は、水産物はもちろん、 農産物、畜産物、紙・パルプ・木材、パーム油に関する「イオン持続可能な調達方針」、および「持続可能な調達2020年目標」を発表し、様々な取り組みを進めています。

今回新たにウナギ取り扱い方針を定め、持続可能な裏付けのあるウナギの調達への シフトを進めるため、「インドネシアウナギ(ビカーラ種)保全プロジェクト」に取り 組みます。本プロジェクトにおいて、ウナギでは世界初となるFIP(漁業改善プロジェクト)※をインドネシアで本格的に開始し、シラスウナギ採捕の「MSC認証」取得を目指します。また、本プロジェクトによって蓄積されるノウハウは、日本国内における「ニホンウナギ(ジャポニカ種)」の管理への応用も検討してまいります。

こうした取り組みを通じて持続可能なウナギの調達を実現し、日本伝統の食文化の継承に貢献するとともに、商品開発においては、ウナギ以外の食材を使用した蒲焼等の新たな 提案を積極的に行うことで、さらなるお客さま満足の実現を目指します。

イオンは事業活動を通じ、様々な環境・社会課題の解決に向けてこれからも積極的に 取り組んでまいります。

【イオン ウナギ取り扱い方針】
・主に「ニホンウナギ」と「インドネシアウナギ」の2種を販売します。
・2023年までに100%トレースできるウナギの販売を目指します。
・「インドネシアウナギ」の持続可能性を担保するため「インドネシアウナギ 保全プロジェクト」を推進します。
・ウナギ以外の原材料を使用した「蒲焼」の商品開発を進めます。

※FIP(Fishery Improvement Project):漁業改善プロジェクト
漁業者や流通業者、NGOなどの様々な関係者が協力し、持続可能な漁業を目指して取り組むプロ ジェクト。「MSC認証」の基準に基づいて予備審査を行い、特定された課題を解決するための改善計画を作成。定期的なモニタリングにより計画を見直し ながら、継続的に改善を行うことで、 「MSC認証」取得を目指す。

イオンが取り組むFIP「インドネシアウナギ保全プロジェクト」の技術的サポート等を行うのは、(公財)世界?然保護基?ジャパン(WWFジャパン)です。
URL:https://www.wwf.or.jp/

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.aeon.info/news/2018_1/180618R_1.html
全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド