熱中症対策として深部体温に着目 - "身体を芯から冷やす"新しいポカリスエット「アイススラリー」発売

掲載日: 2018年07月12日 /提供:大塚製薬

2018年7月12日

大塚製薬株式会社

ニュートラシューティカルズ関連事業

熱中症対策として深部体温に着目
"身体を芯から冷やす"新しいポカリスエット「アイススラリー」発売

  • 1992年から熱中症対策に取り組む大塚製薬からの新提案
  • 飲める氷として暑熱環境下での活動をサポート。独自の組成により「常温保存」と「再冷凍しても冷却効果の高いスラリー状になること」を実現
  • 夏季限定製品として当社通信販売にて7月12日より販売を開始


大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫)は、ポカリスエットブランドより夏季限定製品として「ポカリスエット アイススラリー」を本日より当社通信販売で発売します。 本製品は、暑熱環境下での活動をサポートするため"深部体温"に着目し開発した"身体を芯から冷やす"新しいポカリスエットです。

大塚製薬では、スポーツ活動中の熱中症事故防止を目的に、1992年より水分と電解質(イオン)補給の重要性に関する啓発活動を行っています。熱中症は正しい知識を身につけ、適切に対処することで防ぐことが可能と考えられていますが、昨年も5万人以上*1 の方が救急搬送されており、熱中症をゼロにするためにより積極的な解決策が必要だと当社は考えました。
そこで、これまでの熱中症研究で蓄積したノウハウをもとに、このたびアイススラリー*2 という新しい形状にたどりつきました。

アイススラリーは、細かい氷の粒子が液体に分散した流動性のある氷で、通常の氷に比べ結晶が小さく冷却効果が高いといわれています。

「ポカリスエット アイススラリー」は活動前に摂取することで、効率よく "身体を芯から冷やす"とともに水分と電解質(イオン)を補給することができます。また独自の組成により、常温保存が可能なだけでなく融解後再び冷凍してもスラリー状態になることを実現。暑熱環境下で活動する方へ "飲める氷"の熱中症対策飲料という新たな選択肢を提案します。

大塚製薬は、今後もOtsuka-people creating new products for better health worldwideの企業理念のもと、人々の健康維持増進に貢献してまいります。

  1. 1総務省消防庁 2017年5月~9月の熱中症による救急搬送者数は52,984人
  2. 2フローズンやスムージーもアイススラリーの一種です

【製品概要】 公式ブランドサイト https://pocarisweat.jp/

製品名 ポカリスエット アイススラリー

栄養成分表示
1袋(100g)当たり

エネルギー98kcal、タンパク質1.8g、脂質0g、炭水化物26.8g(糖質21.3g、食物繊維5.5g)、食塩相当量0.11g、カリウム18mg、カルシウム1.8mg、マグネシウム0.5mg

原材料名 パラチノース、デキストリン、還元難消化性デキストリン、食塩/調味料(アミノ酸)、香料、酸味料、増粘多糖類、塩化K、乳酸Ca、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)、紅花色素、甘味料(ステビア、ラカンカ)
希望小売価格

180円(税抜)

賞味期限 9ヵ月
製品特長

・常温で保存でき、凍らせて飲む飲料です。(冷凍庫で4時間以上凍らせてください。)
・カラダの中からの冷却ができます。
・コンパクトなパウチタイプです。
・汗で失われた電解質が補給できます。

【大塚製薬 通信販売】 オオツカ・プラスワン https://www.otsuka-plus1.com/shop/

【ポカリスエットについて】

「汗の飲料」をコンセプトに、発汗によって失われた水分、電解質(イオン)をスムーズに補給する健康飲料として1980年に日本で発売しました。1982年から海外展開を開始し、日本発のグローバル製品として、世界20カ国・地域以上で展開しています。当社の佐賀栄養製品研究所では、イオン飲料の更なるエビデンスを求め、30年以上にわたり運動・スポーツ時や乾燥した室内、風呂上りなど、様々なシーンにおける水分・電解質補給についての研究を続けています。

【これまでの熱中症に関する取り組み】

① 官民協働の熱中症予防啓発活動

当社は、各都道府県と連携協定を進めており、長年の熱中症対策の知見やノウハウを活かし、情報提供やポスター・冊子などのツールを用いた啓発活動を官民協働で行っています。

② 社員が現場に出向いて情報提供を行う熱中症対策セミナー

25年以上にわたり、熱中症について知ってもらうべく、社員が現場に出向いて直接情報提供を行うセミナーを実施しています。各世代のスポーツ実施者や指導者、学校、暑熱環境下で働く方々、また熱中症による搬送者数が多い高齢者などへ活動の対象を広げています。

③ イベントを通じた啓発活動

熱中症関連イベントをはじめ、全国高等学校総合体育大会、全国中学校体育大会、国民体育大会などのスポーツ大会における支援活動を通じて積極的な水分と電解質(イオン)補給の促進をしています。

上記の活動が評価され、熱中症予防を目的に環境省と官民一体で取り組む「熱中症予防声かけプロジェクト」では、その年の優れた取り組みを表彰する「ひと涼みアワード」において4年連続最優秀賞を受賞しています。

最新の新商品ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド