ギフト市場を活性化! 「商業高校フードグランプリ×バレンタイン」 企画実施

掲載日: 2018年08月16日 /提供:伊藤忠食品

~ 商業高校フードグランプリを活用したビジネスマッチング!! ~
女子高生考案!「女子高生が買いたい」
バレンタインチョコパッケージ企画でギフト市場を活性化


2018 年 8 月 16 日
伊藤忠食品株式会社

伊藤忠食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長・社長執行役員:岡本 均、以下:当社) は、2013年より商業高校フードグランプリの開催を通じて商業高校(商業科目を有する高校)における商品開発の実践的教育支援に取り組んでいます。今回、商業教育の一環となる実践的マーケティングを目的に、高校生のアイデアと実際のビジネスをマッチングさせる、「商業高校フードグランプリ×バレンタイン」企画を実施しました。「女子高生が買いたいバレンタインチョコ」のパッケージを商業高校生が考案し、2018年7月より小売業への提案を開始しております。

昨今、若年層をターゲットとするギフト市場は形式的・儀礼的なギフトよりも、誕生日祝いや日々のちょっとした御礼など、パーソナルな気持ちを伝えるカジュアルなプチギフトに注目が集まっています。なかでも、バレンタインは依然として大きな市場を占めており、女子高生をはじめとする10代の女性が主要なターゲットとなっています。そのことから、女子高生自らが「女子高生が買いたいチョコレート」をコンセプトとしたパッケージを考案し、デザインすることで、同世代の心に響く商品に仕上げました。本企画を通じて、これまでにない新たな付加価値の創造と、ギフト市場の更なる活性化をめざします。

本年7月26日・27日、大阪にて開催した伊藤忠食品夏季展示会には「大阪市立鶴見商業高等学校」「京都府立木津高等学校」「大和高田市立高田商業高等学校」の3校が実際に参加し、各校1品、考案した商品コンセプトおよびパッケージデザイン(P2商品情報参照)を発表しました。多くの小売業様へ提案を実施し、すでに一部小売業様への採用が決定しております。来年度は第二弾として中身のチョコレートも高校生が考案する企画を実施予定です。

伊藤忠食品は今後も商業高校フードグランプリの開催を通じて、新たな付加価値の創造と商業教育の支援を両立させた独自のCSV(共通価値の創造)の実現をめざして参ります。

■商品情報

①大阪市立鶴見商業高等学校
〇商品キャッチフレーズ:「ギリチョコからはじめてみよう!」
パッケージに大きく「ギリチョコ」と書いてあることから、周りの目を気にすることなく、本命に堂々と渡すことができます。帯をめくって、渡した相手にだけ本当の想いを伝えることができる秘密のメッセージ欄付き。

②京都府立木津高等学校
〇商品キャッチフレーズ:「手書きで伝えよう~I LOVE YOU!~」
帯にLINEをモチーフにしたメッセージ欄があることで、いつもは言えない感謝の気持ちを気軽に伝えられるようになっております。

③大和高田市立高田商業高等学校
〇商品キャッチフレーズ:「Sweetミッション~チョコっと私を受け取って~」
帯をめくると好きな人への秘密のミッションが書いてある仕掛け付き。目に付きやすい派手でポップなデザインにより、明るく楽しく感謝の気持ちを伝えられるようになっております。

以上

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.itochu-shokuhin.com/cms/uploads/2018/08/%E5%95%86%E6%A5%AD%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%C3%97%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%AE%9F%E6%96%BD.pdf

最新の卸・問屋ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド