「2018年北海道胆振東部地震」への対応状況について (9月13日10時現在)

掲載日: 2018年09月13日 /提供:ユニー・ファミリーマートホールディングス

2018年09月13日

社会・環境

「平成30年北海道胆振東部地震」への対応状況について
(9月13日10時現在)

「平成30年北海道胆振東部地震」により被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:澤田貴司)は、北海道における商品の供給が、明日には通常体制に戻ることとなりました。なお、店舗の営業サポートを目的に、のべ約450名の本部社員を北海道に派遣しております。

引き続き、節電にも最大限協力してまいります。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

◆店舗支援の様子

◆店舗の営業状況

北海道内235店で営業を再開しております。

◆商品の製造・供給状況

中食製造工場(おむすび・弁当・サンドイッチ・麺類・パン・デザート等)は道内に8か所ありますが、全ての工場で稼働を再開しております。物流センターは道内に4か所ありますが、全てのセンターで稼働を再開しております。

◆節電の取り組み

ファミリーマートでは、このたびの電力供給の不足に対して、事務所や倉庫内の照明を不要時はオフにする等の節電に対する取り組みを強化しております。店舗におきましては、昼間の店頭照明の消灯及び店内の蛍光灯の一部消灯を行ってまいります。また、お客さま・店舗で働くストアスタッフの安全等に配慮した上で、節電に取り組んでまいります。

◆店頭での義援金募金

株式会社ファミリーマート(※1)約17,000店、およびユニー株式会社(※2)272店にて、2018 年9月8日(土)から2018 年 9 月 21 日(金)まで、店頭での義援金募金の受付を開始しております。

(※1) 国内エリアフランチャイズ各社を含む 株式会社沖縄ファミリーマート、株式会社南九州ファミリーマート、JR九州リテール株式会社

(※2)株式会社99イチバ、UD リテール株式会社含む

以上

ニュースリリース2018年

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド