リアルタイム在庫管理システムを開発 - 未来型コンビニの実現に向けてローソンと連携[帝人]

掲載日: 2018年10月11日 /提供:帝人

2018年10月11日

未来型コンビニの実現に向けてローソンと連携

リアルタイム在庫管理システムを開発

帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、社長:竹増 貞信)とともに、未来型コンビニエンスストアでの活用を目的として、当社が展開する棚管理システム「Recopick (レコピック)」を使用したリアルタイム在庫管理システムを開発しました。両社は当システムを、10月16日から19日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展します。(展示ブース:S015-20)

「レコピック」は、大量のICタグを一括で読み取る性能に長けたUHF帯を使用し、管理対象物の入出庫やロケーションを効率的に管理するRFIDシステムです。特殊な2次元通信シートを使用することで、空間に放射拡散する特性を持つUHF帯の電波を近距離で安定的に読み取り、一度に大量の書類や物品を正確に管理することができます。

当社は、既に図書館、工場、医療機関などに「レコピック」を展開していますが、さらなる用途開拓のため、人手不足などで業務効率化のニーズが高まっている小売・流通業界に向けて技術開発を進めた結果、このたびのリアルタイム在庫管理システムの開発に至りました。

この新システムは、商品棚にRFIDセンサーを設置することで、店外からでも商品の陳列情報や在庫状況を常時把握することができます。これにより、管理工数の削減だけでなく、在庫状況と商品の賞味期限の情報を紐づけることで、的確なディスカウント戦略を講じることができ、廃棄ロスの軽減も可能になります。また、店舗の利用客は、事前に在庫状況を確認することができるため、求める商品を買い逃す心配がなくなります。

当社は、小売業における商品棚へのリアルタイム在庫管理システムの採用拡大に向けて、さらに技術開発を進めていきます。また、スマートセンシング事業として、今後も人手不足や労務コストの上昇など、サプライチェーンに内在する社会課題の解決に貢献することを目指し、IoTソリューションの拡充を図っていきます。

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

2018年ニュース一覧へ戻る

その他ニュース一覧へ戻る

全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド