平成30年度6次産業化・農商工連携交流会「『ブランド化』で考える6次産業化・農商工連携」の開催(平成31年3月4日)

掲載日: 2019年02月09日 /提供:千葉県庁

更新日:平成31(2019)年2月9日

平成30年度6次産業化・農商工連携交流会「『ブランド化』で考える6次産業化・農商工連携」の開催(平成31年3月4日)

発表日:平成31年2月8日
千葉県農林水産部流通販売課

千葉県では、農林水産物やその加工品の販売力を強化していくための『ブランド化』をテーマとした交流会の参加者を募集します。
この交流会は、6次産業化・農商工連携に取り組む事業者が実際どのように『ブランド化』に取り組んでいけばよいのか、具体的な事例をもとに考えるきっかけとするものです。

募集チラシ(表紙)

開催日時

平成31(2019)年3月4日 13時30分~16時30分

募集期間

平成31(2019)年2月8日から平成31(2019)年2月26日

開催場所

名称 千葉県庁本庁舎5階大会議室
住所 千葉市中央区市場町1-1
電話 043-223-2963

対象

農林漁業者、商工業者、関係団体、市町村等

内容

【第1部】
●基調講演『ブランド化のポイントと注意点』
●講師:折笠俊輔氏(公益財団法人流通経済研究所室長)

全国各地の現場で地域ブランド化など売れるものづくりを支援している折笠氏が、ブランド化に取り組む上で気を付けなければいけない点や方法を伝授します。

【第2部】
●事例報告?いちごのブランド化『ミガキイチゴ』の取組
●講師:馬場俊輔氏(株式会社GRAブランドマネージャー)

1粒1,000円のイチゴとして数多くのメディアに取り上げられ、都内大手百貨店をはじめ香港など海外輸出にも取り組むいちご農園が、ブランド化の戦略について語ります。

●事例報告?落花生のブランド化『落花生100%ペースト』の取組
●講師:大野雄一郎氏(株式会社オオノ農園営業部長)

千葉県香取市で大規模に落花生を生産し、自社で加工して、殻付き落花生として販売している落花生生産者が、新たに自社の落花生を100%使用した無糖・無添加のペーストに取り組んだ事例について語ります。

【第3部】
●情報交換

費用

無料

申込方法

募集チラシの参加申込書をメールまたはファクスで下記宛先へ送付する。
●千葉県農林水産部流通販売課宛て
【メール】nou-biz@mz.pref.chiba.lg.jp
【ファクス】043-227-8307

関連資料

お問い合わせ

所属課室:農林水産部流通販売課農業ビジネス推進班

電話番号:043-223-2963

ファックス番号:043-227-8307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

1:役に立った

2:ふつう

3:役に立たなかった

このページの情報は見つけやすかったですか?

1:見つけやすかった

2:ふつう

3:見つけにくかった

ツイート

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら