カスミ「レジ袋無料配布中止店舗拡大のお知らせ」

掲載日: 2019年02月08日 /提供:ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス


2019 年 2 月 8 日
株式会社カスミ

レジ袋無料配布中止店舗拡大のお知らせ

株式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石井俊樹)は、持続可能な社会の実現に向けた環境活動や地域貢献活動に取り組んでおりますが、その一環としてレジ袋使用量の削減推進のため、2019 年 3 月 1 日より、レジ袋無料配布中止店舗を拡大し、カスミ全 187 店舗中 181 店舗で実施してまいります。

レジ袋が必要なお客さまには、1 枚 5 円で販売し、レジ袋を辞退いただいたお客さまには、「Eco.スタンプ」1 つ進呈いたします。また、レジ袋無料配布中止による収益金は、地域の環境保全活動などに寄附させていただいております。

当社は、1974 年より「お買い物袋持参運動」を実施し、今年で 45 年目を迎えます。2004 年からは 「FOOD OFF ストッカー」全店舗でレジ袋無料配布を中止し、2009 年 7 月からは茨城県内 98 店舗、2010 年 1 月から栃木県内 8 店舗で実施しております。自治体や市民団体と締結した協定にもとづき、取り組みを積極的に進め、すでにレジ袋無料配布を中止している店舗でのレジ袋辞退率は約 84%となります。

今後もごみ減量・循環型社会形成の活動に、積極的に取り組んでまいります。さらに、全店舗でお客さまとともに取り組む、お買い物袋持参運動をはじめ、身近に取り組める CO2削減や、環境保全活動を推進してまいります。

■2019 年 3 月 1 日からレジ袋無料配布中止を拡大する店舗
埼玉県内 25 店舗、千葉県内 36 店舗、群馬県全 6 店舗、 東京都内全 2 店舗 計 69 店舗

■2019 年 2 月 1 日現在、レジ袋無料配布を中止している店舗
茨城県内 98 店舗、埼玉県内 5 店舗、千葉県内 1 店舗、 栃木県内全 8 店舗 計 112 店舗

■レジ袋無料配布中止による販売収益金の寄附
2017 年度のレジ袋販売収益金 20,480,000 円は、地域の 環境保全のほか、食育・社会貢献活動、国連 WFP 協会などに 寄附させていただいております。

以上

最新の小売ニュース

クレディセゾンの支払代行サービス