「クラフトボスTEA ノンシュガー」新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇 3月19日(火)からオンエア開始

掲載日: 2019年03月14日 /提供:サントリーホールディングス

えっ!ボスから紅茶?
「クラフトボスTEA ノンシュガー」新TV-CM
「ティーっス!」の合言葉で心を軽くして気分すっきり!
ロンドン上空から舞い降りた松たか子さん
悩める杉咲花さんを驚きの魔法で釘付けに!?
CM楽曲は椎名林檎さんの『人生は夢だらけ』
「新しい風・ロンドン」篇 3月19日(火)から全国オンエア開始

「クラフトボスTEA ノンシュガー」
新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇より

サントリー食品インターナショナル(株)は、「クラフトボス」シリーズの新たなラインナップとして、紅茶飲料「クラフトボスTEA ノンシュガー」を3月19日(火)から全国で発売します。それにともない、「クラフトボス」CMシリーズの杉咲花さん、宇宙人ジョーンズことトミー・リー・ジョーンズさんに加えて、松たか子さんが出演する新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇(30秒 ※60秒はウェブサイトのみにて公開)を、3月19日(火)から全国でオンエアします。また、CM楽曲は椎名林檎さんの『人生は夢だらけ』。椎名さんは映像にも一瞬だけ特別出演しています。

■TV-CMについて
紅茶飲料の新商品「クラフトボスTEAノンシュガー」は、働き方の多様化が進む昨今、飲料においても多様な選択肢が求められるようになったことを背景に、現代の働く人を快適にする新しい相棒「クラフトボス」シリーズから誕生しました。

今回はクラフトボスCMシリーズの物語をベースに、出張先のロンドンで、何やら仕事上の悩み事を抱え、暗い顔で歩いていた杉咲花さんが、空から傘を差しながら舞い降りてきた、謎の女性(松たか子さん)と遭遇。松さんから「仕事も飲み物も決めつけなくていい」「好きなようにやっちゃえば」とアドバイスを受けたり、松さんと一緒にダンスを踊ったりしているうちに、杉咲さんの気持ちが楽になって元気を取り戻し、「ティーっス!」と決めゼリフを放つシーンを通じて、「クラフトボスTEAノンシュガー」の軽やかな飲み心地とすっきりとした味わいを訴求していきます。

一番の注目ポイントは、杉咲さんが携帯していた「クラフトボス ブラック」を、松さんが魔法で瞬時に「クラフトボスTEA ノンシュガー」に変えてみせる場面です。クラフトボス=コーヒーという固定概念を覆す新しい紅茶飲料の誕生を、アッと驚く斬新な演出とファンタジーの世界観で表現しました。

また、本CMの楽曲には、椎名林檎さんの『人生は夢だらけ』を採用しました。椎名さんは今回、映像にもワイプで登場し、松さん、杉咲さんと同じ画面で共演。2人と一緒にチャーミングな「ティーっス!」を披露する、貴重なカットにもご注目ください。

■CM楽曲について
新TV-CMのテーマソングには、椎名林檎さんが作詞作曲した楽曲『人生は夢だらけ』を採用しました。ロンドンを舞台にしたファンタジーにぴったりなミュージカル調のメロディーと、深いメッセージが込められた前向きな歌詞が、落ち込んでいる杉咲さんを勇気づけるCMの世界観をより一層引き立てています。

CMストーリー
「新しい風・ロンドン」篇(30秒)
出張で訪れたロンドンのテムズ川沿いを、「クラフトボス ブラック」を片手に伏し目がちで歩く杉咲さん。何か悩んでいるのか、口ずさむ鼻歌にも元気がないその様子を、バグパイプのストリートミュージシャンに扮した宇宙人ジョーンズが見ています。「なんでうまくいかないんだろう」と独り言をつぶやきながら、ふと空を見上げる杉咲さん。すると、上空から傘を差した女性(松さん)が「もっといい加減でいいんじゃない」と話しかけながら、杉咲さんの目の前に降り立ちます。
そのまま並んで街を歩き出す松さんと杉咲さん。松さんが、ふいに杉咲さんの「クラフトボス ブラック」に手をかざし、「決めつけなくていいのよ」「仕事も、飲み物も」と優しく諭しながらパッと手を上げると、不思議なことに「クラフトボス ブラック」が「クラフトボスTEA ノンシュガー」へと変化します。

オープンカフェに立ち寄り、「クラフトボスTEA ノンシュガー」をひと口飲んだ杉咲さんが、少し驚いたようにボトルを見つめていると、「何悩んでるか知らないけど、多様性の時代とかいうのに乗っかって、好きなようにやっちゃえば」と早口でアドバイスを送る松さん。それに対して、杉咲さんは話の内容がよく理解できず、「ちょっと何言ってるかわかんない」と冷静に答えます。すると、松さんは急に立ち上がって「そろそろ行くね」と傘を開き、「ティーっス!」というあいさつとともに空へ浮上。杉咲さんが「あ、待って」と慌てて呼び止めます。その言葉で上昇を止め、「じゃあ踊る?」と関係のない提案をして、浮遊したままダンスを踊るような素振りを見せる松さん。話の展開について行けない杉咲さんは「踊るの?」と困惑した表情を浮かべています。

衛兵がずらりと整列している宮殿の前で、ダンスを踊る松さんと杉咲さん。衛兵たちも踊り出すと、杉咲さんもすっかりノリが良くなって、最後は松さん、そして、思いがけずワイプ画面に登場した椎名林檎さんと一緒に「ティーっス!」とポーズを決める姿に、「この惑星の、紅茶だからロンドン、という発想はベタだ」というナレーションが重なります。

「クラフトボスTEA ノンシュガー」
新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇より

■撮影エピソード
◇監督の難しいオーダーにも的確に応じる抜群の演技力
空に去っていく松さんから「踊る?」と聞かれ、「踊るの?」と返すシーンでは、監督から「びっくりしたようで、笑ったような顔で、声を小さくして答えてください」というオーダーを受けた杉咲さん。驚きと笑いの表情を同時に作るという難しいお芝居にもかかわらず、一発で監督が求める複雑な表情を演じて、見事OKテイクを獲得していました。

◇強い意志と実行力で苦手なダンスを克服する杉咲さん
衛兵をバックに踊るダンスシーンの撮影前、「そんなに大変ではないと思いますが、ちょっとだけ踊ることになります」と監督に伝えられ、「ダンスは苦手ですが、頑張ります!」と応じた杉咲さん。本番ではタイミングがほんの少しズレたり、振付がスムーズにいかなかったりなど、何度も繰り返し踊り、毎回真剣な表情でプレイバックを確認する姿がありました。その甲斐あって、回を追うごとに全体の精度が高まり、最後は監督も「バッチリです!素晴らしい!」と文句なしの出来栄えに。苦手なダンスシーンをなんとか乗り切ったことで、杉咲さんはようやく肩の力を抜き、安堵(あんど)の笑みを浮かべていました。

◇20テイク以上に及ぶカットを全力で演じ切る超真剣モード
ロンドンの街を歩くシーンでは、歩数に合わせて顔の向きや動きが厳密に決められていたため、ワンテイクごとにモニターの前へ足を運び、監督と一緒にタイミングと動作を入念にチェックしていました。セッティング中、杉咲さんはその場で納得がいくまで自分の動きを確認する超真剣モード。20テイク以上撮影した後、ついに監督からOKが出ると、杉咲さんの頑張りを称えるかのように、周りのスタッフから大きな拍手が湧き起こりました。

◇レギュラー出演者の中で2人目となる恒例の「新しい風」を体験
上司役の堺雅人さんが、従来の価値観からは想像もできない言葉や行動に遭遇する姿を、「新しい風が、吹いた」と表現し、前方から強い風を受けるクラフトボスおなじみのシーン。今回はCMシリーズ2人目となる「新しい風」の体験者(60秒版のみに登場)ということで、杉咲さんは撮影前から「初めて風を受けるんですよ」とニコニコしながら、本番に臨みました。最初こそ、強過ぎる風にNGとなってしまいましたが、「新しい風」を受けるのが気持ちよかったのか、テイクを重ねても終始前向きに取り組んでいた杉咲さん。「風が吹いてきたと同時に何かを言われて、ハッと気づく感じで」と、バリエーションを求める監督のリクエストにも即座に対応し、現場を盛り上げていました。

◇バランスを取りにくい空中でもパーフェクトな演技
悩みながら、ロンドンの街を歩いている杉咲さんを見かねて、空から松さんが傘を広げながら降りてくるシーン。実際に松さんは空中に浮遊した状態で、その演技に臨みましたが、最初はなかなか重心がうまく取れず、苦労していました。そこでアクション指導の先生から、スムーズな動き方のコツを伝授されると、仕切り直しの回では、美しい姿勢のまま空中からスーッと降下。「笑顔で降りてくる感じでお願いします」という監督のオーダーにも完璧に応えていました。

◇その場の機転でブーツをダンス仕様に調節
ダンスは三拍子でテンポの速いワルツ。途中、回りながら踊るシーンもありますが、松さんの靴は足底がしっかりしたブーツということで、試しに軽く踊ってみると、うまく回れないことが判明しました。そこで急遽、松さんの提案により、足底が滑りやすいようにテープを貼ることに。すると、格段に動きがスムーズになり、キレイに回ることができるようになりました。

◇松さんと旧知の振付師が手掛ける魅力的なダンス
今回のダンスの振付を担当したのは、椎名林檎さんのミュージックビデオの振付なども手掛ける振付師の井手茂太氏。旧知の仲の松さんも「頼もしい方がすぐそばにいたので、心強かったです」と全幅の信頼を寄せていました。最初は「踊りがあるんですね…」と気後れしていた松さんですが、井手先生の指導のもと、一緒に踊ったり、冗談を言い合ったりしながら練習することで、徐々に緊張が緩和。本番直前、井手先生がガッツポーズで鼓舞すると、松さんも吹き出しながら、ニコッと笑ってガッツポーズを見せるなど、本番はすっかりリラックスモードで、前向きにダンスに臨んでいました。

◇「バグバイプ」のストリートミュージシャンを熱演
ロンドンを舞台にした今回のCMで、現地の民族楽器として知られる「パグパイプ」のストリートミュージシャンに扮したジョーンズさん。「俳優として役作りはすごく楽しい」と語っていただけに、演奏指導の先生と積極的に言葉を交わし、「持ち方はこれで大丈夫ですか?」「弾く時の手の動きは?」と、基本的な持ち方や音の出し方、演奏する時の姿勢などについて細かく教えを請いながら、熱心に練習する姿が見られました。一連の動作を習得した後、先生から「目線が下になり過ぎないように気をつけて」と助言を受けて本番に臨んだジョーンズさん。バグパイプ初挑戦とは思えないナチュラルなパフォーマンスを披露すると、監督から「ベリーナイス!」と絶賛されていました。

◇スコットランドの男性用民族衣装「キルト」がお気に入り
また、ジョーンズさんが今回の撮影の中で、もう一つ気に入っていたのが、スコットランド伝統のスカート状の男性用民族衣装「キルト」です。現場入りする際、おどけたようにステップを刻みながら、腰に巻いたタータン柄の布を自らの手でひらひらなびかせて、出迎えた監督やスタッフにアピールするなど、すっかりテンションが上っている様子でした。その後、雑談の中で、「母親の旧姓が“スコット”なので、もしかしたらスコットランドに所縁のある一族なのかもしれないね」と明かしていたジョーンズさん。彼の中に眠るお母様から受け継いだDNAが、今回の民族衣装を身に着けることで騒ぎ出したのかもしれません。

■出演者プロフィール
◇杉咲 花(すぎさき はな)
1997年10月2日生まれ、東京都出身

◇松 たか子(まつ たかこ)
1977年6月10日生まれ、東京都出身

◇トミー・リー・ジョーンズ <TOMMY LEE JONES>
1946年9月15日生まれ、米国・テキサス州出身

◇椎名 林檎(しいな りんご)
1978年11月25日生まれ、福岡県出身

■CM概要
タイトル : 「クラフトボスTEA ノンシュガー」新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇(30秒・60秒)
放映開始日 : 2019年3月19日(火)
CM楽曲 : 『人生は夢だらけ』(作詞作曲 歌:椎名林檎)
放送地域 : 全国

以上

最新の食品ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中