ニッスイグループ企業 サルモネス・アンタルティカ社、トラウトのASC認証を取得

掲載日: 2019年03月15日 /提供:日本水産

ニッスイグループ企業 サルモネス・アンタルティカ社、
トラウトのASC認証を取得

2019年3月15日

日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 的埜明世、東京都港区)の連結子会社であるサルモネス・アンタルティカ社(Salmones Antartica S.A.、取締役社長 田中輝、チリ共和国ロス・ラゴス州チロエ島、以下S.A.社)が、2019年3月5日付で、トラウトのASC認証(ASC Standard : ASC Salmon Standard V1.1) (注1)を取得しました。ニッスイグループ企業のASC認証取得は、2017年11月の黒瀬水産㈱に次ぐものです。
対象の養殖場は、バイア・アカンティラーダ第1区域(Bahia Acantilada Sector 1、アイセン州)です。

また、同社では、ASC認証の養殖魚の加工・出荷のため、2019年3月4日付で同社本社敷地内の加工工場についてCoC認証(注2)も取得しました。

S.A.社は、1982年設立以来チリでのサケマス類の養殖に取組み、1988年には加工工場や冷蔵倉庫を、2001年には飼料工場を新設するなど、養殖魚の種苗生産・育成・水揚げ・加工・出荷の一貫した事業を展開してきました。
同社の手掛けるトラウト・銀ザケは、ニッスイグループの販売網により世界中のマーケットで流通しており、”FIVE STAR”ブランドとして親しまれています。

同社では今回のASC認証取得を通過点として、今後とも資源の持続的利用、環境および社会への配慮を徹底し、持続可能な養殖技術開発に取組んでいきます。

またニッスイでは、2016年度よりCSR経営の推進に着手しており、 その重要課題のひとつに「豊かな海を守り、持続可能な水産資源の利用と調達を推進する」を挙げています。ニッスイグループは海の恵みに感謝し、漁業や養殖などにおいて資源を持続的に利用する技術開発に取組み、環境や資源を次の世代に繋ぎます。

サルモネス・アンタルティカ社 会社概要

最新の食品ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中