ニッスイグループ企業・弓ヶ浜水産(株)、本社養殖部でISO22000認証を取得

掲載日: 2019年05月15日 /提供:日本水産

ニッスイグループ企業・弓ヶ浜水産(株)、
本社養殖部でISO22000認証を取得

2019年5月15日

日本水産株式会社(代表取締役社長執行役員 的埜明世、東京都港区、以下ニッスイ)の連結子会社で、ギンザケなどの養殖と加工・販売を行う弓ヶ浜水産株式会社(代表取締役社長 竹下朗、鳥取県境港市)は、同社境港養殖部についてISO22000:2005の認証を2019年4月22日付で取得しました。同社では、加工を行う食品部ですでに2016年3月24日付で同認証を得ており、養殖から加工までの事業全体で認証を取得したことになります。
今回の取得は、境港海面養殖場と本宮養殖場・福原川養殖場・清水川養殖場が対象で、境港海面養殖場ではギンザケおよびサバの海面養殖を、そのほか3か所はギンザケの淡水養殖を行っています。
なお、同社は2017年3月17日付でFSSC22000の認証も取得しています。

ニッスイグループの国内養殖部門におけるISO22000認証取得は、黒瀬水産・金子産業・西南水産に続く4社目です。

同社では、食品安全マネジメントを活用した従業員全員の食品安全に関する意識を向上させ、全社員参加による職場のマネジメントレベルの向上を目指します。

弓ヶ浜水産株式会社 会社概要

本社所在地 鳥取県境港市竹内団地205
代表者 代表取締役社長 竹下 朗
設立 2013年12月16日
資本金 1億2,500万円
事業内容 ギンザケその他魚類の養殖、水産物加工および販売

以上

ページのトップへ戻る

最新の食品ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
業務用限定 新型マシン無料「カフェアンバサダー」