「Another Choice」を開始 - 消費期限が近い商品のご購入でポイント付与と寄付

掲載日: 2019年05月17日 /提供:ローソン

お客様と一緒に取り組む食品ロス削減プログラム
消費期限が近い商品のご購入でポイント付与と寄付「Another Choice」を開始

2019年5月17日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信)は、お客様と一緒に取り組む食品ロス削減プログラム「Another Choice」(アナザーチョイス)を開始いたします。消費期限が近い商品をご購入いただくことで、お客様ご自身にはポイントが付与され、同時に子どもたちに寄付が届くプログラムです。

本来食べられるのに捨てられる食品、いわゆる「食品ロス」は世界で約13億トン(※国際連合食糧農業機関公表値)、日本で643万トン(※環境省公表 平成28年度推計値)発生しており、大きな社会課題となっています。ローソン店舗でも食品ロスは年間で約4.4万トン発生しており、対応しなければならない問題と考えています。これまで食品ロスの削減策として、AIを活用したセミオート発注導入による発注数量の精緻化、鮮度管理の徹底による販売時間の延長、値引きによる売り切りオペレーションの推奨など行ってきました。

一方で、貧困問題も大きな社会課題であり、「子どもの貧困率」(17歳以下)は13.9%(※厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査」)で、およそ7人に1人の子どもが十分にごはんを食べられない状況にあります。

今回ローソンが行う「Another Choice」は、お客様のお買い物時に消費期限が近い商品を選択いただくことで、食品ロス削減と子どもたちへの支援につながる取り組みです。


本プログラムは、6月11日(火)から8月31日(土)の82日間、愛媛県のローソン店舗(218店舗:2019年4月末時点)と沖縄県のローソン店舗(231店舗:同)で実施いたします。朝・昼に納品される対象商品にベンダー工場で「Another Choice」シールを貼付いたします。Ponta会員、dポイントカード会員のお客様が、夕方以降にその商品をご購入いただくと、対象商品合計金額(税抜)に対して100円につき5ポイントが購入月の翌月末に付与されます。さらに対象商品売上総額(税抜)の5%が、次世代を担う子どもたちへの支援の取り組みに寄付される仕組みです。



このリリースの画像:
▼Another Choice概要
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1447999
▼Another Choiceの仕組み
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1448000
▼Another Choice シール
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1448001


(※)決済方法に関わらず、購入月の翌月末に対象商品合計金額(税抜)に対して付与

今回の愛媛県、沖縄県での実証実験の結果検証を行い、お客様の購買行動の変化、廃棄ロスの削減などの効果を確認し、お客様のご理解が得られる取り組みであると判断できた場合には、全国の店舗での展開も検討してまいります。

ローソンは今後も地域社会に貢献し、「“みんなと暮らすマチ”を幸せにする」取り組みを進めてまいります。









最新の小売ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら