トーホーグループが栽培する農産物では"初めて"「有機JASマーク」の認証を取得

掲載日: 2019年05月17日 /提供:トーホー

2019 年 5 月 17 日
株式会社トーホー

トーホーグループが栽培する農産物では〝初めて″
「有機JASマーク」の認証を取得


当社及び当社グループの農業法人(株)トーホーファーム(本社:神戸市西区、社長:黒崎泰司、以下「トーホーファーム」という)では、食料自給率の向上に貢献すること、また兵庫県南部で展開する地域密着型の食品スーパー「トーホーストア」や楽農レストラン「育みの里 かんでかんで(神戸市西区、兵庫楽農生活センター内)」を通じて、地域の皆様に、新鮮で安心・安全な農産物を提供することを目的に、農産物の栽培を行っております。

そのような中、2019 年 4 月 12 日、当社が栽培する「菌床シイタケ」について、「有機JASマーク*1」の認証を取得いたしました。なお、当社グループが栽培する農産物において、本認証の取得は初めてとなります。

■安心・安全な農産物の提供について

トーホーファームでは、より安心・安全な農産物を栽培し、お客様にご提供するため、兵庫県認定食品「ひょうご安心ブランド農産物*2」の認証取得を 2010 年から推進しており、本日現在、13 品目でその認証を取得しております。

今回の菌床シイタケにおける「有機JASマーク」の認証取得は、これらの取組みを更に推進するものであります。なお、これらの認証を受けた農産物をはじめ、当社グループで栽培された農産物は、地元の、安心・安全、高鮮度をお約束する「かんで野菜*3」ブランドとして、トーホーストアで販売しております。

*1 「有機JASマーク」とは
有機食品の JAS 規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機 JAS マークを貼ることができます。 この「有機 JAS マーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。 ≪「農林水産省」HPへ http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

*2 「ひょうご安心ブランド農産物」とは
兵庫県認証食品で、化学肥料・農薬の使用を 5 割以上減らし、残留薬品・抗生薬品を国の基準の 1/10 以下とするなど安全性が高く、出荷記録による管理を徹底した安心感のある食品です。 ≪「ひょうごの美味し風土拡大協議会」HPへ http://hyogo-umashi.com/about/index.html
※トーホーファームが栽培する「ひょうご安心ブランド農産物」13 品目 じゃがいも、ブロッコリー、白菜、玉ねぎ、スイートコーン、枝豆、かぼちゃ、さつまいも、ほうれん草、大根、うるち米、 青ネギ、レタス

*3 「かんで野菜」とは
トーホーファームをはじめとする神戸市西区神出町近郊で採れた兵庫県産野菜で、収穫後 24 時間以内に店舗に搬入されたもの(根菜を除く)を「かんで野菜」ブランドに位置付けています。

以上

最新の卸・問屋ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
メルマガ登録はこちら